米大統領選から一夜明けた9日、民主党候補ヒラリー・クリントン氏(69)は敗北を認め、次期米大統領に就任する共和党のドナルド・トランプ氏に協力していく意向を表明した。

 支持者に対しても、先入観を持たずにトランプ氏に大統領として活躍する機会を与えるよう促した。

 クリントン氏はニューヨーク市内のホテルに集った数百人の支持者を前に「米国のために共有した価値観やビジョンをかなえるためのこの選挙で勝利することができず、申し訳ないと思っています」と語った。

 自身も落胆しているとしつつも、「われわれの選挙運動は個人や1回限りの選挙のためではなく、有望で、包括的かつ寛大な米国を築き上げることが目的だったことを心にとどめておいて欲しい」と強調した。

 トランプ氏に対しては「昨夜祝辞を送り、米国のために協力していくと伝えた。トランプ氏が全ての米国民のために大統領として成功することを願っている」とし、「トランプ氏に先入観を抱かず、大統領の責務をこなす機会を与えることが私たちの義務だ」と語った。

[ニューヨーク 9日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます