防弾少年団側、デマや悪質な書き込みに対し法的措置「これ以上見過ごすことはできない」(全文)

写真拡大

防弾少年団の所属事務所が、悪質な書き込みに対する強硬対応を示唆した。

本日(10日) Big Hitエンターテインメントは、公式プレスリリースを通じて「当社は2016年11月10日付で、オンライン上に流布している悪質なデマ、虚偽の事実、攻撃性のある掲示文および書き込みなど、防弾少年団のメンバーおよび当社の名誉を傷つける行為に対して、法的に強硬に対応する考えであることを知らせる」と明らかにした。

引き続き、「防弾少年団のメンバーが、デマと悪質な書き込みなどで長い時間に渡り辛い思いをしており、当社はこのような行為に対して断固として対処することに決めた」として、「悪意の意図を持って防弾少年団の創作物、音楽活動および私生活などに対して、持続的に歪曲された非難と人身攻撃を日常的に行っているネットユーザーの形態が、これ以上見過ごすことのできないレベルに達したと判断した」と説明した。

以下はBig Hitエンターテインメントの公式発表の全文である。

こんにちは。

Big Hitエンターテインメントです。

当社は2016年11月10日付で、オンライン上に流布している悪質なデマ、虚偽の事実、攻撃性のある掲示文および書き込みなど、防弾少年団のメンバーおよび当社の名誉を傷つける行為に対して、法的に強硬に対応する考えことであることをお知らせします。

防弾少年団のメンバーが、デマと悪質な書き込みなどで長い時間に渡り辛い思いをしており、当社はこのような行為に対して断固として対処することに決めました。

Big Hitエンターテインメントと防弾少年団の全メンバーはデビュー以後、アーティストとしての成長と発展のためのすべての批判と評価をオープンな心で謙虚に受け入れるために、多くの努力をしてきました。しかし、悪意の意図を持って防弾少年団の創作物、音楽活動および私生活などに対して、持続的に歪曲された非難と人身攻撃を日常的に行っているネットユーザーの形態が、これ以上見過ごすことのできないレベルに達したと判断されます。

最近情報通信網の利用促進および情報保護法上の名誉毀損疑惑に対する裁判所の判決を見れば、このような行為に対して実刑などの重刑が宣告されています。

当社は所属アーティストの権益保護のために、アーティストの誹謗を目的とする悪質な掲示物と書き込みを作って虚偽の事実を流布したり、報道機関に情報提供するなどの行為に積極的に法的な対処をしようと、法務法人と共に告訴および告発手続きに着手しました。また、今後発生するアーティストの名誉毀損および追加的な被害事例に対しても、合意なしですべての加用した法的措置を取って強力に対応することをお知らせします。

ありがとうございます。