最新の日産ノートe-POWERも! エアコンが標準装備されなかったクルマ4選

写真拡大 (全6枚)

日産ノート e-POWERは燃費スペシャルグレードがエアコンレス

先日発表されたレンジエクステンダーEV「日産・ノート e-POWER」の燃費スペシャルグレードとなる「e-POWER S」にはエアコンが装備されていない(現状、オプション設定もなし)ことが話題となった。

これは車両重量を極力軽くし、JC08モード燃費37.2Km/Lをたたき出すための苦肉の策といえるが、じつはノート e-POWER S以外にもエアコンが標準装備されなかったクルマは存在している。もちろん80年代以前のクルマではそういった車種も珍しくなかったが、今回は90年代以降に登場したクルマのなかから紹介しよう。

.肇茱拭86/スバル・BRZ

最近のクルマでエアコンが装備されない、と聞いて多くの人が思い浮かべたクルマが86/BRZではないだろうか。モータースポーツのベース車として投入されたRC(86)とRA(BRZ)にはエアコンが標準装備されていなかった。ただ、BRZのRAはオプションでエアコンを装着できたのに対して、86のRCはオプションでも設定がなかったほか、BRZはカラードバンパーだったのに対し、RCは無塗装の樹脂バンパーが装着されるなど兄弟車ではあるが、装備に差異があった。なお、現在はエアコンが装備されないグレードは廃止され、モータースポーツベースのグレードもエアコンが標準装備されている。

▲好坤・キャリイ

エアコンが付かないのは何もモータースポーツや燃費のためだけではない。軽トラックのスズキ・キャリイにもエアコンが付かないグレードが存在するのだ。これは恐らく車両価格を低く抑えるためで、一番安価なグレードの「KC」だと68万4720円〜と驚愕の低価格となっている。こちらのグレードをチョイスするとエアコンだけではなく、パワーウインドウはもちろんのことパワステすら装備されない超スパルタンな仕様となる。その一方でAM・FMラジオは標準装備されるのは働くクルマならでは、といえるかもしれない。

ダイハツ・ブーン

こちらもモータースポーツのベース車両として、ごく一部では有名なブーンX4。なんでもないコンパクトカーに、JAF公認競技の1.6リッター未満のクラスに収まるように936cc(ターボ付は排気量に1.7を掛けるため)のターボエンジンを搭載し、フルタイム4WDで133馬力を余すことなく路面に伝えるというクルマだった。同車の前身となるストーリアX4ではエアコン単体でオプション設定があったものの、ブーンの場合は純正アルミホイールやプライバシーガラスなどがセットになった20万高の「ハイグレードパック」を選ばねばならず、不評を買ってしまった。

ぅ曠鵐澄Ε好謄奪廛錺乾

今や完全に市民権を得た「ミニバン」というジャンルの先駆けとなった初代ステップワゴン。じつはこのステップワゴンも一番廉価なグレード「N」にはエアコンが標準装備されていなかった。それどころか3列目シートも装着されず5人乗りとなるほどの徹底ぶり。これにより154.8万円(東京地区・消費税別)という低価格を実現していた。なお、エアコンはオプションで14.7万円、エアコンが標準装備となり8人乗りとなる「G」グレードとの価格差が25万円だったことから、Nグレードを選ぶユーザーはほぼいなかったと思われる。試しに中古車検索をしてみたが、Nグレードの個体は皆無であった。

(文:小鮒康一)