年を重ねることに感謝するシャーリーズ・セロン (c)Imagecollect.

写真拡大

41歳の女優シャーリーズ・セロンが、外見が最も大切なことではないとアドバイスしている。

シャーリーズはイタリアの「Vanity Fair Italia」誌に「女性たちにとって、外見が最も大切なことではないと気づく時が来ました。私たちが年を重ねると価値がないというのは事実ではありません」「今、私は41歳になって、20年前よりももっと働いていますし、もっとたのしんでいます。私が知っている女性はみんな同じことを言っています」と明かした。

さらに「映画は社会の鏡でしかなく、現実の問題はそこにあります。ハリウッドの性別の問題は社会の問題と比べると大したことではありません」「なぜこんなに自然なことを恐れる必要があるでしょうか? 年を重ねることは私たちの人生の一部で、避けられることではありません」「私の中で、年をとり始めてから起きたことすべてにとても感謝しています。今、私は20年前よりも賢いです。シワなんてそれに比べるとなんでもありません」と語っている。

シャーリーズのアドバイスはこれから年を重ねる若い女性たちや年を重ねてきた女性たちの心に響くのではないだろうか。