コン・ヒョジン「嫉妬の化身」放送終了の感想を明かす“寂しくて残念…応援に感謝する”

写真拡大

コン・ヒョジンがドラマ「嫉妬の化身」終了の感想を伝えた。

コン・ヒョジンは10日、所属事務所のマネジメントSOOP側を通じて、SBS水木ドラマ「嫉妬の化身」終了の感想を伝えた。

彼女は「暑い真夏に撮影を始め、いつの間にか冷たい冬風が吹いてくる時に終わりを迎えることになった。24部作の長い呼吸をちゃんと引っ張っていけるか不安だったけれど、瞬時に時間が経って、もう最後の放送が目の前に迫ってきた」と話した。

また「いつも忙しく撮影しながらも最後になると寂しくて残念だ。今回のドラマは私も楽しく撮影して、楽しく観たドラマだ。共演したすべての俳優たちと苦労したスタッフたち、監督、6年ぶりに再会したソ・スクヒャン脚本家まで、良い方々とともに過ごした現場だったので、さらに記憶に残りそうだ」と伝えた。

また「『嫉妬の化身』は台本、演出、音楽などすべての部分が上手く噛み合い、良いドラマに仕上がったと思う。いつも応援してくださる視聴者の方々に心から感謝申し上げたい」とし、終了の感想を伝えた。

「嫉妬の化身」は嫉妬など覚えたことのないマッチョ記者イ・ファシン(チョ・ジョンソク) と財閥の御曹司コ・ジョンウォン(コ・ギョンピョ) が生計型気象キャスターピョ・ナリ(コン・ヒョジン) に会って、嫉妬でメンツをつぶしながら愛情を乞う本格恋愛を描いたドラマだ。コン・ヒョジンは劇中でアナウンサーを目指す気象キャスター役を務め、現実に存在しそうなリアルさと特有の愛らしさいっぱいの演技で特有のカラーを見せ、チョ・ジョンソクとの切ない恋愛はお茶の間に笑いと感動を同時に届けた。