16日、界面網によると、8月に大規模な爆発事故が起きた中国天津市で、依然として危険な化学物質が違法な手続きで取り扱われていることが分かった。写真は8月12日の天津爆発事故。Record China

天津の大規模爆発 倉庫会社会長に執行猶予2年付きの死刑判決

ざっくり言うと

  • 2015年8月に173人の死者・行方不明者を出した、中国天津市の大規模爆発
  • 爆発した倉庫の倉庫会社社長に、執行猶予2年付きの死刑判決が言い渡された
  • 同社幹部や市担当者ら48人にも、無期〜懲役1年6月の実刑判決が言い渡された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング