<三井住友VISA太平洋マスターズ 初日◇10日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」初日。国内メジャー初制覇を果たした「日本オープン」以来、今季2度目の日本ツアー出場となる松山英樹が、7アンダーで単独首位発進。“WGC制覇”とコールされて大勢のギャラリーの拍手でティオフを迎え、1イーグル・6バーディ・1ボギーと圧巻のプレーを見せた。
松山英樹、今大会で使うドライバーはどれ??
 
 午前中から挨拶がわりのスーパーショットを連発した。スタートホールの10番、3番アイアンで放ったティショットがフェアウェイをとらえると、2打目をピンそば20cmに。タップインでバーディを奪ってギャラリーの歓声を引き出すと、続く11番パー5では2打目をワンピンのイーグルチャンスにつけた。
 惜しくも決めきれなかったものの、連続バーディ発進とすると、1つ伸ばして迎えた18番パー5でも、220ヤードの2打目を4mにつけて再びイーグルチャンス。今度はしっかりとカップに沈めて、5アンダー・単独トーナメントリーダーに躍り出た。後半4番でこの日初ボギーとするも、すぐさまの5番、6番連続バーディ。8番もバーディとし“65”と期待に違わぬプレーで初日を終えた。
 ビッグスコアも「(ショットが)特別いいとは思わないですが、要所要所でバーディチャンスにつけられてよかった。調子は昨日のプロアマ戦のときよりは良くなっていますが“良い”とも思えない。そのなかでよくスコアを伸ばすことができたなと思います」と振り返った松山。
 16番、そしてイーグルを奪取した18番で良い距離のパットが入ったことを評価しつつも、「(タッチが)全然合っていない。恐る恐る打っていました。(3パットでボギーを記録した)4番もまったく違う方向に強く打っているし、17番もパーを獲れましたが、危ないパーパットだった。スピードにはまだ慣れていない」。「ゴルフワールドカップ」への最終調整の意味も持つ重要な一戦だけに、単独首位にも大会前の公式記者会見でも課題にあげたパットのフィーリングがまだまだ合っていないことを強調した。
 午前中はときおり差す日差しで暖かく感じる時間帯もあったが、午後は一転気温が下がる気候条件となった初日。「(10番の2打目のベタピンは)寒いから“飛ぶか飛ばないか”わからないまま打ったら、たまたまついてくれた。(1日中)風で飛んでいるのか、日が出ていて暖かいから飛んでいるのかわからないままプレーしていましたが、上手く対応することができたかなと思います」とショット感覚の微調整にも苦しんだ。それでも、グリーン上と同様に高い順応性でスコアメイクする術は、まさに世界ランクトップ10の貫禄か…。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 編】