多彩な顔ぶれが結集! (C)2017映画「サクラダリセット」製作委員会

写真拡大

 野村周平と黒島結菜の共演で河野裕氏の人気小説シリーズを実写映画化する「サクラダリセット」に、加賀まりこ、及川光博らが出演していることが明らかになった。

 河野氏のデビュー小説「サクラダリセット」シリーズを、「神様のカルテ」「先生と迷い猫」の深川栄洋監督が2部作で実写映画化。物語の舞台は、住人の半数が特殊能力者の街・咲良田。「記憶保持」の能力を持つ高校生・浅井ケイと、世界を最大3日分巻き戻す「リセット」能力を有する女子高生・春埼美空は、互いの力を組み合わせることで世界を3日間やり直すことができる。前編は、2人がリセットの影響を受けて死んでしまった同級生・相馬菫の死を回避しようと奮闘。後編は、咲良田の未来に関わる重大な計画を阻止しようと動き出す。

 加賀は、未来を知る能力を持つ女性「魔女」を演じるため「私自身は、未来を先に知ってしまうのは、つまらないのでは? と思っているので、この役柄が不思議で、なかなか想像できなくて、演じるのが難しかったです」と未知数の役どころであったことを明かす。そのうえで「つながった映像を見て『こういうことなのね』って、きっと納得するんでしょうね(笑)。今から作品の完成が、とっても楽しみです」と期待を寄せた。

 一方の及川は、咲良田の住人たちの能力を把握する「管理局」の対策室室長・浦地正宗に扮する。後編の展開の鍵を握るキャラクターだが「浅井ケイと対立し、頭脳バトルを繰り広げます! 多面的で計算高くクレイジーという、なんともつかみどころのない難役でしたが、深川監督の奇抜なアイデアで楽しく演じることができました」と撮影を振り返った。

 このほか、ケイと春埼が所属する奉仕クラブの顧問で管理局員の津島信太郎を吉沢悠、「ロックをかける」能力者である管理局職員・加賀谷を丸山智己、嘘を見抜くことができる職員・索引さんを中島亜梨沙、「写真の世界に入る」能力を有する佐々野を大石吾朗、ケイの母を八木亜希子が担当。さらに「物体を変化させる」能力を持つ宇川紗々音を岡本玲、他人の能力をコピーすることができる坂上央介を岩井拳士朗、ケイと春埼の同級生・皆実未来を矢野優花、魔女の若かりし頃の魔女を奥仲麻琴が演じるなど、多彩な顔ぶれが結集している。

 「サクラダリセット 前篇/後篇」は、2017年春から全国公開。