8日、中国のポータルサイト・今日頭条は多くの外国人が日本に定住したがる理由について分析する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

写真拡大

2016年11月8日、中国のポータルサイト・今日頭条は多くの外国人が日本に定住したがる理由について分析する記事を掲載した。

記事は、海外のインタビュー結果によれば日本で生活したいという外国人が多いと紹介。その理由として、日本は社会秩序がとても良いこと、どこもきれいなこと、先進的な医療設備があること、美食の天国であること、祝祭日が多いことがあるという。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本人の民度は世界一だからな」
「日本は確かにきれいで環境が良く文明的だ」
「日本の公衆トイレは中国の一般家庭のトイレよりきれい」

「お金があったら日本に定住したいよ」
「政治を抜きにすれば、日本は確かにいいところだ。偽物はなく品質が高いし、生活が安定していて医療も進んでいる」

「ほかはともかく、わが祖国のように食べ物に毒が入っていないことがうらやましい」
「日本は美食天国ということ以外はすべてその通りだな。なかなかよくできた日本の広告だ」

「日本は確かにいいところだ。日本語ができたら日本に住むのも悪くない。でも日本人は英語ができないからコミュニケーションに問題がある」
「日本のいい所なんて言ってはダメだ!中国こそ宇宙一と叫ばねば!」

「外国人は中国の方がもっと好きだよ。秩序がないから」
「日本に行ったことがあるけど、中国の方が住みやすい。何事も適当だから」(翻訳・編集/山中)