写真上、左からドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、リドリー・スコット、ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリング。写真下はコンセプトアート

写真拡大

SF映画の金字塔と言われる『ブレードランナー』(82年)の続編『Blade Runner 2049(原題)』の邦題が『ブレードランナー 2049』(読み方:ブレードランナー ニー・ゼロ・ヨン・キュウ)に決定し、あわせてオリジナル版のリドリー・スコット監督をはじめとする4人のキーメンバーが揃ったオフショット写真と、同作のコンセプトアートが到着した。

マット・デイモン、リドリー・スコット監督作で火星に1人取り残された宇宙飛行士演じる

続編となる本作『ブレードランナー 2049』は、1982年公開のオリジナル版の舞台である2019年から数十年後が舞台と言われていたが、タイトルから推測すると30年後の2049年の世界を描いているようだ。

ハリソン・フォードが前作の主人公リック・デッカード役を再び演じるほか、監督だったスコットは製作総指揮にまわり、代わりに『プリズナーズ』『ボーダーライン』などで独特の映像美と世界観が高く評価されている、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がメガホンをとる。

そのヴィルヌーヴ監督はフォードに対し「彼は素晴らしいアドバイスを山ほどしてくれるよ」とコメント。さらに、製作総指揮にスコット、役柄は未発表ながらも注目の俳優ライアン・ゴズリングを加えたこのチームについて「やる気に満ちた最高のチームだよ。僕らに失敗という選択肢はないんだ」と並々ならぬ意気込みを口にしている。

到着した写真は、スコット、フォード、ゴズリング、ヴィルヌーヴ監督の豪華メンツが談笑している様子を捉えたもの。この4人がいったい、どんな未来を繰り広げていくのかにも注目だ。

『ブレードランナー 2049』は2017年11月に全国公開となる。