「せっかちvsノンビリ」県民性ランキング

写真拡大

仕事が遅いのは県民性のせい!? なかなか仕事に取りかかれない理由を、“出身地DNA”から考察した。

いくら行動が早くなる方法を聞いても、なかなか実行に移せない……。「3つ子の魂百まで」ではないが、あなたが“すぐやる人”になれないのは、幼少期に形成された性格が邪魔をしているのかもしれない。

性格形成に大きな影響を及ぼしているといわれるのが「県民性」だ。脈々と受け継がれている“出身地DNA”に加え、風土や周囲の人の性格といった環境的な要因も性格形成には大きく影響する。そこで、「県民性」研究の第一人者である矢野新一氏に、「せっかち&ノンビリ」な県民、全国ベスト5を聞いてみた。

■暮らし向きが豊かだと大らかな性格に

まずは、「ノンビリ」県民、堂々の第1位は沖縄。南国らしい、明るく大らかな楽天主義で、お金にも時間にもとてもルーズ。仕事のアポでも1時間遅れていくのが普通という独特の「沖縄タイム」で、ゆったり時が流れている。そのノンビリ感が沖縄の魅力の一つだが、スピード社会においては、ついていけないと感じる人も多いかもしれない。

第2位は静岡の中部。静岡は横に長く、県民性は3つに分かれる。遠江(西部)、駿河(中部)、伊豆(東部)と3つの国から成り立った歴史があるからだ。その中でノンビリなのは静岡市を中心とした中部。作物に恵まれた温暖な気候と徳川家康の庇護の下、不自由なく暮らしてきたため、明るく大らかな性格に。蕎麦を注文しても、30分以上出てこないのが当たり前という、うらやましいほどマイペースな県民性だ。

第3位は長崎。鎖国時代に外国との貿易があった場所だけに、開放的で楽天的。また、貿易で得た関税の一部が支給されたため、暮らし向きが豊かで、のんびりとした性格に。

【ノンビリな県民】

1位●沖縄
どんなことが起きても「なんくるないさ」と気にしない、明るく大らかな性格で堂々の第1位

2位●静岡(中部)
静岡市のある中部は、昔から暮らし向きがよく、おおざっぱで何事もゆったりのマイペースな性格

3位●長崎
鎖国時代に開港していた名残で、“ちゃんぽん”のように何でも受け入れる心の広さ、人の好さを持つ

4位●愛媛(中部)
豊かな城下町・松山がある中部は、松山藩の庇護の下、無欲でのんびりとした、おだやかな性格に

5位●岩手
厳しい気候のため辛抱強い。寡黙でゆっくりとした動作が特徴的。雪に閉ざされているからか芸術家も多い

■上方商人のせっかちは他県にも飛び火

対して「せっかち」の第1位は、大阪。時間とお金の無駄が大嫌い。定食を頼んでも、全部そろうまで待ち切れず、きたものから食べ始めるというせっかちさは、上方商人の気質からきている。

他の追随を許さない大阪のせっかちパワーは、隣の県にも飛び火。大阪に近い兵庫・東部は、全国でも有数のせっかちな地域だ。おしゃれな高級住宅地である神戸を有するプライドの高さも相まって、他人の行動にイライラしてしまう一面も。

第3位の広島は、新しもの好きで好奇心旺盛。祭りも大好きのラテン気質で、仕事も遊びも積極的に参加する。その気質の背景にあるのが浄土真宗。織田信長が11年かけても落とせなかった「石山本願寺」を守った浄土真宗の安芸門徒など、行動力あふれる逸話が多い。ハワイの移民にも広島出身者がたくさんいる。

【せっかちな県民】

1位●大阪
モットーは「時は金なり」。商人気質から生まれた“金も時間も無駄遣いしない”性格で、断トツの1位に

2位●兵庫(東部)
高級住宅地・神戸のある東部は、プライドが高く、他人が自分と同じようにできないことにイラつく一面も

3位●広島
好奇心旺盛で新しいことにすぐに飛びつく、盛り上がり度ナンバーワン。行動力抜群だが飽きっぽい

4位●東京(東部)
地方出身者が多い東京でも、上野を中心とした東部には“喧嘩っ早いが義理人情に厚い”江戸っ子気質が

5位●徳島
森や林に恵まれ、藍商人、材木商人が多かったため、昔から大阪と関係が深く、せっかちに

新しいものにすぐ飛びつく広島県民と対照的なのが、「堅実」県民だ。真面目にコツコツ働き続けるのは長所であるが、何かにすぐ取りかかるのは苦手のよう。

第1位の富山は、貧しい農家の次男、三男が生活のために始めた「越中富山の薬売り」に代表されるように働き者が多い県だ。持ち家率全国第1位でもある(総務省統計局、2010年)。

第2位は岡山。昔から工業製品を作ってきた職人の町。会社帰りに飲みにいかず、自宅に直帰。職人気質が色濃く残る真面目な性格だ。

【堅実な県民】

1位●富山(東部)
薬売りで知られる非常に真面目な働き者県。「2人以上の世帯平均年収」が東京、福井に次いで全国3位(総務省統計局、2010年)でもある。無駄遣いも嫌いで、県立高校にプールがないことでも有名

2位●岡山
いつも冷静で真面目。あまり冗談を言わない職人気質。ロジカルで合理的。優等生的な性格

3位●長野(北部)
几帳面で堅実なのは特に北部。教育熱心で真面目。仕事にミスが少なく、ルーティンワークに強い

4位●山形
「おしん」に代表される東北きっての働き者県。貧しい米沢藩の教えで「清貧」の思想が根付く

5位●滋賀
「守銭奴」と揶揄された商売上手の近江商人の名残で、今も努力家で研究熱心。非常に勤勉で辛抱強い

■頑固で強情な県民が歴史を動かす

最後に「意志の強さ」を見てみよう。行動力のベースとなるのが「意志の強さ」だ。優柔不断な人はすぐに決断ができず、なかなか動くことができないが、確固たる意志があれば即、行動に移せる。草食系など軟弱な若者が増えている昨今、日本有数の“骨太県”はどこだろうか。

「意志が強い」県民、第1位は熊本。頑固一徹をさす「肥後もっこす」という言葉があるくらい、情熱的で意志が強い。竹を割ったような性格で動きが早く、議論好き。

第2位の高知県の男性は「いごっそう」と呼ばれ、頑固で強情。脱藩した坂本龍馬しかりで、権威に屈しない一本気な性格だ。土地の多くが太平洋に接しているため、開放的な一方、好き嫌いがはっきりしている。

第3位の茨城は北と南で性格が分かれるが、骨太なのは水戸藩士の荒々しい気質が根付く北部。「水戸っぽ」と呼ばれた「怒りっぽい、理屈っぽい、骨っぽい」という気質が、現代は「怒りっぽい、忘れっぽい、飽きっぽい」に変化。運転が荒いのも、行動力にあふれている証しか。

【意志が強い県民】

1位●熊本
たとえ間違っていても自分の意見を曲げない、強情っぱり。しかし、納得できることに関しては、抜群の行動力を発揮する。「肥後の議論倒れ」と言われるほど議論が大好きで、反論を繰り返す

2位●高知
頑固で一本気。権力に屈しない。自由を好み、プライドも高いため、組織にいるよりは独立を望む

3位●茨城(南部)
水戸藩士の荒っぽさを受け継ぎ、責任ある仕事はやり遂げる一方で、短気で冷静さに欠ける一面も

4位●佐賀(南部)
昔は「イヒュウモン(角があって、つきあいにくい)」と言われた。『葉隠』の影響で几帳面で頑固一徹に

5位●新潟
雪国だけに粘り強く、融通が利かない愚直なまでの一徹さ。保守的で遊びも地味だが、頑固で見栄っ張り

■資質を生かすと組織で評価される

スピード社会において、行動力に長けている「せっかち」な人はビジネスチャンスをつかむことが多い。しかし、周りが見えず突き進んでしまうことが多いため、大きな失敗を招くことも。そんなとき、悠然と構えている「ノンビリ」な人がいれば、ピリピリとした空気が一転し、気持ちが落ち着く。「堅実」な人からは地道な案が出るし、「意志の強い」人から前向きな言葉が出るだろう。いろんな性格の人がいて初めて、生産性の高い職場になるのだ。

----------

NO.1 戦略研究所所長 矢野新一
専修大学経営学部卒業後、市場調査会社、外食業界を経て、ランチェスターシステムズに入社。チーフコンサルタントとして活躍後、1985年に独立。著書・監修本は『出世・結婚・お金は「県民性」で9割決まる!』(プレジデント社刊)など約50冊。

----------

(NO.1 戦略研究所所長 矢野新一 構成=高嶋ちほ子)