ドリーが“忘れんぼうキャラ”になったきっかけとは? 『ファインディング・ドリー』メイキング映像一部解禁!

写真拡大

この夏、興行収入68億円突破の大ヒットを記録し、10月9日(米現地時間)には世界興行収入が10億ドルの大台を突破したディズニー/ピクサー最新作『ファインディング・ドリー』が、早くも2016年11月15日(火)より先行デジタル配信開始、続く11月22日(火)にはMovieNEXが発売されます。

【動画】忘れんぼうのドリー誕生秘話!

この度、MovieNEXに収録されているボーナス映像から、忘れんぼうのドリー誕生秘話に迫るメイキング映像の一部が解禁されました。

ドリーの意外なモチーフとは!?

『ファインディング・ドリー』は、カクレクマノミのマーリンがナンヨウハギのドリーと共に、息子ニモを人間の世界から救出した『ファインディング・ニモ』の奇跡の冒険から1年後の世界が描かれる物語。

いつも明るくてポジティブだけど、なんでもすぐに忘れてしまうドリーが唯一忘れなかったのが家族の記憶。

ドリーは家族を捜すため、ニモやマーリンと共に冒険の旅に出ます。

前作『ファインディング・ニモ』では、人間にさらわれた息子ニモを探す父マーリンの相棒として登場し、本作では主人公として冒険に出る忘れんぼうのドリー。

前作に続き監督を務めたアンドリュー・スタントンは、ドリーの忘れっぽい性格を「金魚は5秒で忘れることをどこかで読んだから」と、意外にも金魚をモチーフにしていたことを告白。

その設定が物語の展開に役に立ったと当時を振り返ります。

さらに、共同監督のアンガス・マクレーンは、今回ドリーを主役にしたことで、改めて「繊細でありながら明るくて楽しい性格」のキャラクターとして描いたと付け加えます。

多くのファンの心をつかんだドリーの前向きさ

『トイ・ストーリー』(95)、『モンスターズ・インク』(01)など多くの作品で脚本を担当した奇蹟のストーリーテラーで、常に新しいストーリーを探し続けてきたアンドリュー・スタントン監督。

実は『ファインディング・ニモ』の公開後、ドリーの行く末を心配していたといいます。

ドリーには、自分が何者なのか、自分はどこからやって来たのかを知りたいという、ごく自然な欲望があったはずと考えるようになりました。

「このストーリーは、自分自身を見つけるドリーを描いた。彼女は自分自身の持つ強さにはまだ気づいていなかったんだ」とスタントン監督は明かしています。

ドリーは持ち前の明るい性格によって、本来コンプレックスであるはずの「忘れっぽい性格」を、「どんなことも気にしない」という個性に変えてしまいます。

そんな前向きな姿勢が、世代を超えて多くのファンの心をつかみました。

そんなドリーの人気は数字でも証明済み。

Facebookの「いいね」の数はなんと約2,512万で、これはディズニー、ピクサー作品に登場するキャラクターの中でダントツ!

明るくて楽しいキャラクターとして、今もなお世界中から愛されている。

このほかにもMovieNEXには、ボーナス用に製作されたキャラクターたちのインタビュー集「突撃!海中インタビュー」や、非常に珍しいCGエラー映像集、メイキングや未公開シーンなど、充実のボーナス映像を多数収録!

本編とあわせて『ファインディング・ドリー』の世界をより堪能することができます。

会いたい気持ちが奇跡を起こす!!

忘れんぼうのドリーが、仲間たちとの奇跡の冒険を描いた感動の冒険ファンタジー『ファインディング・ドリー』は、2016年11月15日(火)より先行デジタル配信開始、11月22日(火)MovieNEX発売です。