北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、オバマ米政権の対北朝鮮政策の変更を促す論評を配信した。論評のタイトルは「選択を変える時になったのではないか」と控えめだが、大統領選に合わせた米国に対するメッセージとみられる。

論評は、米国家情報長官(DNI)が「対朝鮮制裁が底をつき、北朝鮮の核放棄は実現不可能なことだ」と述べたとしながら、「米情報界の総責任者の公開発言は、制裁と圧迫で一貫した米国の対朝鮮政策の総破たんに対する明白な告白となる」と指摘。

また、「米国とその追随勢力がヒステリックに起こした反共和国制裁・圧殺騒動は、われわれを『核放棄』へ『誘導』するどころか、核攻撃能力高度化へと絶えず進ませたし、『崩壊』と『自滅』ではなく自力自強で飛躍する厳然たる現実を招いた」と強調した。

そのうえで「米国の対朝鮮政策、対朝鮮圧殺野望が余地もなく否定され、壊れていくのはあまりにも当然である」としながら「今や、米国が東方の核強国をいかに相手すべきかを決心しなければならない時になった」と主張した。