チョン・ウソン&ソン・イェジン「釜山映画評論家協会賞」で男女主演賞を受賞

写真拡大

チョン・ウソンとソン・イェジンが「釜山(プサン) 映画評論家協会賞」の男女主演賞の受賞者に選ばれた。

「第17回釜山映画評論家協会賞」側は10日、「チョン・ウソンとソン・イェジンが男女主演賞を受賞した」と明らかにした。

「釜山映画評論家協会賞」側は「主演男優賞の受賞者はキム・ソンス監督の『阿修羅』で主演を務めたチョン・ウソンが選定された。チョン・ウソンはノワールジャンルの中で、残酷な運命に耐える人物を演じながら、俳優としてターニングポイントを迎えた点が高く評価された」と伝えた。

続いて「荊棘の秘密」で主演を務めたソン・イェジンは、伝統的な母性像から脱皮して、復讐を敢行する人物を演じた点で高い評価を受けた」と評価した。