ジャスティン・ビーバー、自身の熱狂的なファンについて語る

写真拡大

ヒステリックなまでに有名人熱狂する人々に焦点を当てたドキュメンタリー映画『Bodyguards: Secret Lives from the Watchtower(原題)』に登場したジャスティン・ビーバーは、自身の熱狂的なファンについて語った。

ジャスティン・ビーバーのセキュリティ・ディレクターを務めるマイキー・アラナは、彼と一緒にいるときに、タ楊椶砲弔ないイ茲Δ砲垢襪里六蠧颪龍箸世噺譴襦新たなドキュメンタリー映画『Bodyguards: Secret Lives from the Watchtower(原題)』(日本公開は未定)で、アラナや舞台裏で働く人々は、過去3年間で目撃したビーバーの熱狂的ファンによる、多くの場合危険な展開となる混乱の様子を明かしている。

「大人になるにつれて、ファンの人たちも(ビーバーと)会話をしたいと思うようになってきたようです。彼にしがみついたり、文字通り引き裂いたりするよりも」と、アラナは映像で語る。「彼と初めて一緒に仕事をし始めたときのことを覚えています。ばかばかしく聞こえるかもしれませんが、3、4人の感情的になった少女たちが、こちらが思っているよりもはるかに強い力で彼のシャツを文字通り引き裂いて、フーディーを脱がそうとするのです。そして、大勢の人がいる場合、彼を人ごみの中で見失うこともあり得ます。でも、ファンも彼と一緒に成長する中で、ただ彼のそばにやってきて『ヘイ、ジャスティン、元気?』と、会話で関心を引くようになってきたのです」

ビーバーも、ほとんどのファンは成長するにつれイ匹里茲Δ帽堝阿垢戮かを理解しはじめるイ隼愿Δ掘△海寮熟の理論に賛成している。「僕の注意を惹くために、少しだけ分別のある行動をしたいみたいだ」とビーバーは語る。「なぜって、叫んだり感情のコントロールができないような状態の人と、つながりを持つことは難しいからね」

ビーバーのマネージャーを務めるスクーター・ブラウンは、近年ビーバーにあてるセキュリティの人数を増やすことに決めた理由を回想する。「何千人ものファンが、彼を見るためにラジオ局に現れるようになった頃、セキュリティが必要だと気づき始めました」と彼は語る。「その後オーストラリアに行き、テレビ番組『サンライズ』に出演する際にもっと多くのセキュリティが必要になると話しましたが、信じてもらえませんでした。そしてその後、子供たちが路上で暴動を起こすことになったのです」

『Bodyguards: Secret Lives from the Watchtowe(原題)』では、ボディーガードという専門的職業における危険や興奮、暗黙の滅私を探っている。ビーバーのセキュリティ・チームに加え、ドキュメンタリーでは、50セント、ネルソン・マンデラ、米ボストンの元裏社会首領ジェームズ・ゥ曠錺ぅ謄ァΕ丱襯献磧爾覆匹離札ュリティが登場する。同作はジャレン・ヘイマンが監督を手掛け、12月2日に米劇場公開、オンデマンド配信される予定だ。