「Fate/Grand Order」中国版の公式サイトより

写真拡大

スマホゲーム『Fate/Grand Order』の中国版が2016年10月からサービスを開始。つい先日に400万DLを突破したことを記念して、中国の4大都市を舞台にした大規模なプロモーションが展開され、中国ユーザーだけでなく日本ユーザーからも注目を集めているようです。

【その他の画像を見る】「FGO」中国版のプロモーション活動が本気過ぎてやばい(画像10点)

プロモーションが展開されているのは、北京、上海、広州、深センの4都市。地下鉄の主要駅をメインエリアとして、北京と上海では、登場するサーヴァントのイラストとともに、Fateシリーズではお馴染みの魔術回路を背景にした豪華ラッピングを展開。電車の内装にも各サーヴァントを描いた広告がちりばめられています。

また広州や深センでは、柱や吊り広告など、駅構内がサーヴァント一色となっていて、非常に見ごたえがありますね。

配信されたばかりの中国版『Fate/Grand Order』ですが、日本を上回りそうな勢いでユーザーを増やしており、運営するビリビリが今後どのようなプロモーションを仕掛けていくのか、日本のファンも動向から目が離せませんね。