隠れトランプ派

写真拡大

クリントン支持で活動していたハリウッド俳優や歌手などは、トランプ勝利に激しく反発している。レディー・ガガはトランプ・タワーの前に現れて、クリントンのスローガン「Love trumps hate」(愛は憎悪を勝る)と書いたプラカードを掲げ、「トランプ大嫌い」と連呼した。マドンナもホームページに「新たな火がついた。決してあきらめない」と書いた。

俳優のウーピー・ゴールドバーグ、サミュエル・L・ジャクソンは「トランプが大統領になるくらいなら、国外に移住する」といっていた。現に、開票速報でトランプ優勢が伝えられると、カナダ政府の移民情報サイトにはアクセスが殺到してサーバーがダウンする事態になったという。

総得票数ではクリントン多数

世論調査に実際の投票が反映されなかったことを、笠井信輔ニュースデスクが「トランプ支持を言いたくないというのがあったのでは」と解説した。トランプが勝つといい続けていた木村太郎氏(ジャーナリスト)は「もうひとつ、マスコミへの嫌悪感があったのではないでしょうか。マスコミになんか協力するかと、逆を言ったり」という。

宮澤エマ(タレント)のコメントが良かった。「トランプ旋風はメデイアが作り出したんじゃないでしょうか。みんな彼のことを真剣に捉えなかったことが、実は彼の支持者を多くしていった要因かな。『彼は私たちと同じ考えを持っている。その彼をジョークのように扱って』と気持ちを強くしていった」「ひとついいたいのは、総得票数ではクリントンさんの方が上なんです。若い人もクリントンを支持していたので、この結果がアメリカを代表しているとは言えないんですね。民主主義としてこのシステムが本当にいいのか、問いただす時だと思います」

これまで投票に行かなかった人がトランプ支持

笠井「これまで投票に行かなかった人がトランプ氏に入れたということはないでしょうかね」

石澤靖治氏(学習院女子大学学長)は「総投票数はあまり増えていない。クリントンさんは強制的に行かせる。トランプさんは自発的。その差だったように思います」

木村氏「黒人の投票率は下がったんです。オバマ・ブームは去ったということです」