写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スポティファイジャパンは11月10日、音楽配信サービス「Spotify」の一般公開を日本で開始した。これにより、招待コードなしでもサービスを利用できるようになる。

Spotifyは、4,000万曲以上の楽曲が聴き放題となる音楽ストリーミングサービス。無料で利用できるがストリーミング中に時おり広告が流れる「フリープラン」と、月額980円(税込)で楽曲ダウンロードを含む全機能を利用できる「プレミアムプラン」の2プランを用意する。

日本では9月29日より「エントリー制」にてサービスを開始。アプリのダウンロード後にメールアドレスを指定し、招待コードを受け取ることで利用可能となっていたが、一般公開したことでその必要がなくなった。

国内外の様々な企業・ブランドとのパートナーシップを推進しており、11月10日からは100種類以上の機器に「Spotify Connect」機能を搭載。Wi-Fi対応オーディオ機器、テレビ、ゲーム機、PC、自動車などでSpotifyを楽しめるようになる。具体的には、PlayStation 4やPlayStation 3といったゲーム機や、オンキヨー、ソニー、テクニクス、デノン、パイオニア、ボーズ、マランツ、ヤマハらのWi-Fi搭載オーディオ、BMWやボルボなど自動車、Amazon Fire TVやGoogle Choromecastなどが対応する。