イ・ジュンヒョク、パク・ボゴムとの思い出のツーショットを公開“最後の撮影、感動”

写真拡大

俳優イ・ジュンヒョクがパク・ボゴムとの思い出を振り返った。

イ・ジュンヒョクは9日、自身のInstagram(写真共有SNS) に「#雲が描いた月明かり #最終日、最後の撮影が終わって #感動した #熱かった #パク・ボゴム #イ・ジュンヒョク #また会おうグラム」という書き込みとともにモノクロの写真を掲載した。

写真には「雲が描いた月明かり」に出演したパク・ボゴム、イ・ジュンヒョクが写っている。皇太子イ・ヨン役のパク・ボゴムは逞しさを誇り、宦官役のイ・ジュンヒョクは胸が一杯の表情を披露した。

「雲が描いた月明かり」は、最近韓国で熱い反響の中で放送終了した。