大統領選後に号泣して語るマイリー・サイラス twitterより

写真拡大

歌手・女優のマイリー・サイラスが、アメリカ大統領選後に号泣する動画を投稿した。

マイリーは民主党の指名争いをしていたバーニー・サンダース氏や民主党候補のヒラリー・クリントン氏の支持を公言し、現地時間8日の大統領選当日もクリントン氏に投票したと明かしていた。しかし、次期大統領は過激な発言で話題の共和党のドナルド・トランプ氏が当選している。

この結果を受けて、マイリーは現地時間9日にツイッターに号泣しながら語る動画をアップ。マイリーは「私はドナルド・トランプ以外のみんなへのサポートを公言してきたわ。強くバーニーを支持し、強くヒラリーを支持してきた。今でも私は、彼女が人生で最初の女性大統領になることに値すると思っているわ。それが悲しくてたまらないの。彼女にその機会があったらよかったのにって思うわ。だって、長い間戦ってきて、彼女がこの国を愛しているって言ったのを信じているから」と言葉を詰まらせながら話した。

さらに「(自分のチャリティー団体)Happy Hippies、私たちはありのままの人々みんなに適応し、受け入れるわ。だから、ドナルド・トランプ、私はあなたを受け入れます。これを言うのはとても辛いです。でも、あなたをアメリカ合衆国の大統領として受け入れます。いいのよ。大丈夫。だって、今私は希望を持ちたいから」「オバマ大統領、ミスターオバマ、この過去8年であなたがしてくれたことにとても感謝したいです」と述べ、最後にトランプ氏に「どうか、どうか、人々に愛を持って接して、思いやりを持って接して、リスペクトを持って接してください。私もあなたに同じことをします。あなたが話したいことや理解したいことが、あなたやあなたをサポートする人々と違う考えの人々もいるかもしれません。どうか、もしあなたが心を開きたいのなら、私は喜んで鍵を渡したいです」と涙を流しながら伝えている。