実写版『美女と野獣』でプリンセスのベルを演じるエマ/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

実写版『美女と野獣』(2017年4月21日公開)の場面写真が解禁され、エマ・ワトソン演じるベルの写真が公開。Entertainment Weekly紙の表紙では、黄色いドレス姿で野獣と踊るエマの写真が使われており、「美しすぎる」と早くも大きな話題を呼んでいる。

【写真を見る】ナチュラルなスタイルが美しいエマ・ワトソン/写真:SPLASH/アフロ

ドレス姿でパーフェクトなデコルテを披露しているエマだが、今回の映画ではコルセットを着用せず、ナチュラルなボディでドレスを着こなしているそうだ。

「ドレスは、楽に動き回れるようにデザインされました。だから、エマはコルセットを身につけていません。エマの解釈では、ベルは活発なプリンセスです。だから彼女はコルセットを着用したくなかったし、動きを制限する服は嫌だったのです」と同作の衣装デザイナーがEntertainment Weekly誌に明かした。

エマは、ベルをおとなしく受け身のプリンセスとしては演じたくなかったそうで、靴も自由に走れるものを求めたという。「ベルは18世紀風のヒールを履いていますが、それは彼女が走ったり、父親を助けにいったりできる靴です」と衣装デザイナーは話している。【UK在住/MIKAKO】