写真提供:マイナビニュース

写真拡大

『ハリー・ポッター』の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(11月23日公開)で主演を務めるエディ・レッドメインらが、11月23日に都内で行われる初日舞台挨拶に登壇することが9日、明らかになった。

舞台挨拶には、新主人公ニュートを演じるエディ・レッドメインのほか、素直で明るい魔法使いクイニー役のアリソン・スドル、魔法の世界に初めて誘われる人間(マグル=米国ではノー・マジ)のジェイコブ(ジェイコブ・コワルスキー)役のダン・フォグラー、魔法の世界を知り尽くしているデイビッド・イェーツ監督、『ハリー・ポッター』全作を手掛けてきたプロデューサーのデイビッド・ヘイマンが登壇する予定だ。

エディら4人が登壇するのは、公開初日11月23日の丸の内ピカデリー1での9時の回上映前の舞台挨拶。チケットは「チケットぴあ」にて11月12日11時より先行抽選販売(プレリザーブ)、11月19日10時より一般販売にて発売が開始となる。4人は、21日、22日と日本でプロモーションを行った後、この舞台挨拶が、今回のプロモーションで最後にファンの前に立つ場となる。

エディは「日本は大好きだよ」と明かす。その言葉を裏付けるように、以前、長野県の妻籠に行った際、「トレッキングをしたら、熊のサインがついたベルがあったんだ。“熊が近づいて来ないように、このベルを鳴らしてください”と書いてあって最初は優しく鳴らしていたんだけど、最後の頃までには、妊娠していた妻と僕はがんがん強く鳴らしていたよ(笑)。魔法動物学者としては、良くない行為だったね(笑)」と、日本でのおちゃめなエピソードも明かした。

日本で歌手デビューもしているアリソン・スドルも「私は日本が大好きなの。どこかで茶道をやりたいわ」とコメント。フォグラーもまた、「日本に行くのが待ちきれないよ」と来日を心待ちにしている。

(C)2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED