9日、ハウィック・ラウの不倫が報じられたヤン・ミーが「信じている」と夫への支持を表明した。

写真拡大

2016年11月9日、夫で俳優のハウィック・ラウの不倫が報じられた女優ヤン・ミー(楊冪)が、「信じている」と夫への支持を表明した。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

1年半の交際を経て、14年1月に結婚。同年6月に第一子長女を出産した。しかし多忙なスター夫婦はそれぞれの仕事に没頭し、長女は香港にいるハウィック・ラウの祖父母に預けられたままとみられ、今年に入ってから頻繁に離婚危機が報じられてきた。

9日、ハウィック・ラウに共演女優との不倫のうわさが浮上。ロケ先の新疆ウイグル自治区のホテルで、共演女優の部屋を2日間にわたって訪ね、それぞれ3〜4時間も滞在していたのをカメラに撮られた。同日、この報道に対し、ハウィック・ラウ側は「部屋を訪ねて台本の打ち合わせをしていた」と発表し、不倫を否定している。

同じく9日、上海で女性ファッション誌主催のパーティーに出席したヤン・ミーは、報道陣の前で自らこの話題について触れ、「何があっても夫を信じている」とコメント。夫婦間に何も問題がないことを強調した。

しかし、すでに冷え切っているとうわさされた夫婦の間で持ち上がったスキャンダラスな報道だけに、ネットユーザーの間では離婚が秒読みなのではないかという見方も。また、ハウィック・ラウ側の弁明について、「子供だましだ」と嘲笑するネットユーザーも多い。(翻訳・編集/Mathilda)