写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●歌舞伎俳優は、"板の上にいるのが自然"な人たち
大人気漫画『ONE PIECE』が日本の伝統演劇・歌舞伎とコラボ!? スーパー歌舞伎II『ワンピース』は歌舞伎界だけではなく、少年漫画ファンや演劇ファン、ネットユーザーからも注目を集めた。現在は、大好評の舞台版を全国の映画館で楽しめる"シネマ歌舞伎"が上映中だ。

主人公・ルフィを演じる市川猿之助を筆頭に数々の歌舞伎役者が出演しているが、実はルフィの兄・エースを演じているのは、俳優の福士誠治。原作屈指の人気キャラクターで二枚目っぷりを発揮した福士に、その役作りや、外部から見た歌舞伎界の印象を聞いた。

○猿之助さんはあえて原作を読まない

――最初に「ワンピースを歌舞伎で」と聞いた時の感想はいかがでしたか?

「猿之助さん、ついに!!」という感じでしたね(笑)。いつも人を驚かすのが大好きだし、すごい企画だと思いました。もちろん『ONE PIECE』自体も読んでいたので、舞台化、それも歌舞伎、そして自分がエースをやらせていただけるなんてと、いろいろと不思議でした。想像がつきませんでした。

どういう話にするのかも、気になりました。長い作品ですし、初期のナミ、ゾロ、サンジ、ウソップ……とだんだん仲間が増えて行く部分も面白いじゃないですか。脚本を開いたら、すでに仲間が揃っている状態からのエース奪還だったので、「ここをクローズアップするんだ」と意外でした。

――福士さんはもともと原作も読み込まれていたんですね。

でも、実は猿之助さんは『ONE PIECE』を読んでないんです。全部読んでしまうと、漫画ならではの"当たり前"に疑問を持たなくなるとおっしゃるんですよね。例えば、『ONE PIECE』を読んでいたら「悪魔の実」の存在は当たり前。でも猿之助さんは脚本会議で「なんで手が伸びるの?」というところから疑問をぶつけておられました。

だから「この実を食べると能力が身につくんですよ」と説明すると、「みんなに手が伸びる能力が増えるの?」「いやいや、実によって違うんですよ」とさらに説明不足に気づけて。猿之助さんは「俺がこうやってわからないってことは、歌舞伎のファンにもわからないってことだよね」と指摘してくださいました。

――歌舞伎と『ONE PIECE』、なぜこのようにハマったのだと思いますか?

『ONE PIECE』の「誰かのために動く力」というテーマが、歌舞伎的にも熱いのではないかと思います。人と人のつながりで、ルフィのためにみんなが力を貸す、自分のためじゃなく他人のために動く、というテーマが、歌舞伎で発信するのに合っていたのではないでしょうか。

○研ぎ澄まされた感覚にいる人たち

――福士さんは俳優として活動されながら、スーパー歌舞伎IIにも何回か参加されていますが、歌舞伎界に驚いたことなどはありましたか?

澤瀉(おもだか)屋※さんって、すごく仲が良いんですよ。歌舞伎って古い、難しいというイメージがあるかもしれませんが、実は演出にしても舞台の最先端をやっているので、イメージをぶち壊されるという体験をした気がします。 ※澤瀉屋の「瀉」の字は正しくはわかんむり

――普通の俳優さんとの違った部分などはあるのでしょうか?

印象深かったのは、みなさんのナチュラルさです。歌舞伎役者さん、あんまりストレッチとかしないので「なんでストレッチをしないんですか?」と聞いたら、「あのね、体力がもったいない」と言われて、ちょっと笑っちゃいました(笑)。上演時間が1回4時間半強あり、1日で10時間以上劇場にいるから、本当に長時間ですよね。でも、それだけ舞台の上にいることがナチュラルな状態なのだなと。

僕らは「舞台だ」と思うと気負って力が入って、怪我につながってしまうことも。でも歌舞伎役者さんたちは、板の上に立つことが当たり前になっている方が多いので、その心持ちでいられるのが、すごいですよね。僕らとは違う研ぎ澄まされた感覚にいる方が多いなと思います。

●"見得"の切り方を必死で稽古
○歌舞伎ならではのキャラクター衣装も

――スーパー歌舞伎II『ワンピース』の中で、福士さんのお気に入りのキャラクターを教えてください。

不動のボンちゃん(ボン・クレー)ですね。原作でも元々いいキャラクターですけど、リアルに生き写しというか。みっくん(坂東巳之助)が演じて、原作から飛び出してきた感じがありましたね。(市川)春猿さんの演じるナミが着物なのも、歌舞伎ならでは。

猿之助さんは3役(モンキー・D・ルフィ、女帝ボア・ハンコック、赤髪のシャンクス)で出演されていますが、「今回はそんなに辛くないよ」と。本水(水のシーン)で自分が戦っていないから、ということらしいです。「若手に体験させてあげよう」とおっしゃっていましたが、確かにあれはきついと思いますよ。

――宙乗り(フライング)は猿之助さんの見せ場でしたね。

猿之助さん、宙乗り好きそうですよね(笑)。

○見得に大切なのは心

――人気キャラクター、そして猿之助さんの兄という役どころでしたが役作りはいかがでしたか?

カリスマ的なキャラクターでもあるので、気合いを入れていきたいなというのはもちろんありました。でも例えば、アニメを見て勉強しよう、などとはならなかったですね。モノマネになってしまいますし、舞台ならではの伝え方を模索しようと考えました。

「スーパー歌舞伎II」は2回目の出演ですが、今回初めて見得を切らせていただきました。初めての割にはだいぶ多かった気が!(笑) 登場しては見得を切って、こっちに行っては見得を切って、とかなり場面があったので、稽古場でいろんな方に聞いて努力しました。待っているだけでは教えてくれないので。

――見得というのは、教えるものではないということでしょうか?

見て勉強して、盗んで表現するということなのかもしれません。でもみなさんと同じようにしていたら、僕は何年もかかってしまうので、直接聞かないと(笑)。(市川)右近さんにも聞きましたし、質問したらすごくきちんと教えてくださいました。

ただ、いろいろな人に聞いていくと、それぞれの味があって、少しずつ違う。Aパターン、Bパターン、どちらを取るのがいいかなあとか、お客さんに向かってこれはどうでしょうかとか、全部周りの方に相談しました。

――見得の稽古をする上で、一番大事なのはどの部分だったんでしょうか。顔なのか、形なのか……。

一番は、絶対に心です。首を回して、ストップモーションで止まるのがいい、ではなくて。お客様を引き付ける何かがないと、やっても見てくれないですし、真似しているだけだと、笑いが出ちゃうのではないかと思います。

ただ僕には、心を出すための器がないので、器を作る努力から始めなければなりませんでした。その上で、すごく綺麗な形を作っても心が入っていなかったら伝わらないですし、少しブサイクな形でも心が入っていれば伝わるのだろうなと。でも難しいですよ。「見ろ!!」ってことですからね。「今僕を見てください!!」と気持ちを込めなければいけない。

――ダンスなどでも、形を習得すれば、自然と個性が出てくるといったお話も聞きますね。

そうですね、よく先輩方も「見得は味だよ、味になってくるよ」と言ってくださいました。「簡単に言いますねえ」と返していたのですが(笑)。基本を知っていてわざと崩せるのが、味なんですよね。何も知らなくてやっていては、芯がなくなってしまうし。もちろん僕には経験としての芯がないので、稽古場で散々鏡の前で練習をしました。稽古しないと、出したい心も出せないですしね。

――"シネマ歌舞伎"では、大画面で舞台の様子が出てくるわけですが、ご自身でご覧になっての感想はいかがでしたか?

シネマ歌舞伎は舞台ありきで出来上がったものですけれど、"ならでは"の映像も魅力だなと思いました。舞台では観たことのないアングルや、顔のアップも見えるという意味で、すごく面白い媒体ですよね。

エースの見せ場でいうと、"火拳"の火が増えているんですよ! 僕、必死で「ボッ」とやっていたのですが、シネマ歌舞伎で観たら、「ボオオオオッ」となっていましたから(笑)。簡単に増やしたな……って! 「火も大きくなっているよ!」と言われて、「本当に大きくなっている!」と。舞台を観ていない人は「え、これ本当に火が出ているの!?」と驚くかもしれません。映像ならではの面白さですね(笑)。

(佐々木なつみ)