400台限定で投入されたフォルクスワーゲン・ゴルフGTIの「トラックエディション」に続き、350台限定で設定された「ストリートエディション」に試乗する機会がありました。

1

注目のエンジンは「トラックエディション」と同様の265ps/350Nmを発揮する2.0L TSIで、デュアルクラッチトランスミッションの6速DSGが組み合わされています。また、約10秒間ゴルフRを超える290ps/380Nmのブースト機能が得られるのも同じ。

「トラックエディション」が専用19インチタイヤを履くのに対し「ストリートエディション」は18インチになっていますが、電子制御油圧式フロントディファレンシャルロック、アダプティブシャシーコントロールの「DCC」は「トラックエディション」同様に用意されています。

走り出しから剛性感の高さを抱かせるのは「トラックエディション」と同じ。さらに、「DCC」をコンフォートモードにして減衰力を低い設定にしても硬い乗り味なのも「トラックエディション」と同様ですが、1インチダウンされていることもあって凹凸を超えた際のショックはいくぶん抑えられている印象です。

ノーマルのGTIよりも45ps向上となっていますから加速は強烈そのもの。どこから踏んでもトルク感があり、高速域の伸びも一般道ではうかがいしれません。さらに、ハンドリングも正確でFFのハイパワーモデルであってもコントロールしやすいのは美点。

フロント340×30mm、リヤ312×22mmというベンチレーテッドブレーキディスクによる制動力もフィーリングも抜群で、限られた試乗条件下ではありますが、パワーアップへの対応も抜かりなしという感じを受けました。

中・低速域から爆発する強烈なパワーと引き締まったシャーシが「Golf GTI ClubSport Street Edition」が魅力。ゴルフRではなくGTIを選びたい、そしてもっと刺激的な走りを求めるなら迷わず指名したいところです。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

フォルクスワーゲン「Golf GTI ClubSport」は「Street Edition」でも走りは強烈!!(http://clicccar.com/2016/11/10/415016/)