シュッピン会員数30万名突破記念キャンペーンも実施する

写真拡大

 シュッピンは、中古・新品カメラを扱う「Map Camera」など、運営する公式ECサイトの会員数が11月8日で30万名を突破したと発表した。

 現在、インターネット上で新品・中古の豊富な商品を比較・検討できる、カメラ専門店「Map Camera」、時計専門店「GMT」、筆記具専門店「KINGDOM NOTE」、自転車専門店「CROWN GEARS」のECサイトと実店舗を運営している。

 2005年の設立以来、査定なしで買取価格がわかる「ワンプライス買取」、商品先渡しの「先取交換」、公式ECサイト内の好きな商品を組み合わせてセットが作れる「見積りSNS」などのサービスを展開。無料のシュッピン会員に登録すると利用できる、独自の買取サービスはもとより、従業員1人当たり1億円以上を売り上げる「超効率経営」で注目を集めている。

 会員数は、2013年5月に20万名を突破。今年度は、広告やメディア露出に加え、オリジナルグッズの企画販売やイベントの実施などによって認知度が高まり、毎月平均2732名(2016年度上期実績)の新規会員登録を達成した。中長期目標として、現在の2.5倍の75万名の会員獲得を掲げ、さらなるサービスの充実を図る。

 会員数30万名突破を記念し、抽選で3名に、それぞれ10万円分、合計30万円分のシュッピンポイントをプレゼントする記念キャンペーンを11月8日から12月11日まで実施する。応募の必要なく、キャンペーン期間中に新規会員登録するか、ログインすると自動エントリーとなる。