「トランプが勝てば」の約束果たす。大炎上男が世界に1セット、2103年まで門外不出の音楽アルバムを一部ストリーミング公開

写真拡大

 

製薬会社を買い取り、エイズ薬の価格を吊り上げて大炎上したお騒がせ男マーティン・シュクレリが、昨年2億4300万円で購入した世界にひとつしかない音楽ボックスセット「Once Upon A Time in Shaolin」の一部をライブストリーミングしました。シュクレリは米大統領選で「トランプ候補が勝利したらアルバムを聴かせる」と発言していました。

ただしこのアルバム、購入条件に「発売から88年間(2103年まで)はその内容を公開してはならない」とする契約にサインをする必要があります。当のシュクレリも「まさかトランプが勝つとは思わず」、相変わらず深く考えもせずに軽い気持ちで約束をしていました。このためか、ストリーミングしたのはアルバムのごくわずかな一部だけだったようです。

もちろん、ライブストリーミングの音声は音質も悪く途中で終了してしまうため、音楽作品として成立するものではありません。それでもファンからすれば本来聴けないはずの"音"には価値があり、すでにこの時の音声が複製され拡散しています。

「Once Upon A Time in Shaolin」は、映画「キル・ビル」や「アフロサムライ」で知られるヒップホップグループ、ウータン・クラン(Wu-Tang Clan) が1コピーのみを制作した2枚組ボックスセット。販売に際しては主要メンバーRZAの意向により、前述の非公開の条件が付けられオークション形式で発売されました。

ただ「Once Upon A Time in Shaolin」が音楽作品として優れているかは、聴いた人がいない以上は評価しようもなく、シュクレリが購入時に払った金額だけがその神秘性の根拠となっている感もあります。むしろ本来なら音を聴かずとも価値を見出せる真のウータン・クラン・コレクター向けアイテムとなるべき作品であり、熱狂的なウータン・クランのファンでもない空気読めない系大金持ちの手元にそれがあるというシチェーションが、つくづく残念と思わずにはいられません。

 

下はシュクレリが「Once Upon A Time in Shaolin」を再生しているところ。