写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は11月10日、コベルコシステムと基幹業務システム構築分野で協業しすると発表した。

キヤノンITSのWebアプリケーション自動生成ツール「Web Performer」とコベルコシステムのSAP ERP対応テンプレート「HI-KORT」、 SAPのクラウド実行・開発基盤「SAP HANA Cloud Platform」を連携させたソリューションを製造業向けに11月中旬より提供する。

基幹連携ソリューションの提供については、キヤノンITSは「Web Performer」のシステム導入、システム開発を担当し、コベルコシステムは「SAP HANA Cloud Platform」および「HI-KORT」のシステム導入、システム開発を行う。

価格は「Web Performer」の部分が最小システム構成で380万円(税別)から、「SAP HANA Cloud Platform」および「HI-KORT」の部分は個別相談。

キヤノンITSは今回の基幹連携ソリューションに加え、アジャイル開発をベースとした「共創型開発」を推進する超高速開発支援サービスなどをマーケットに対し強力に提案しながら、 Webアプリケーション自動生成ツール「Web Performer」を拡販を行い、「Web Performer」を中核とするSIソリューション事業で2020年に売上高50億円を目指すという。