トランプタワーの前で抗議するレディー・ガガ twitterより

写真拡大

歌手のレディー・ガガが、ドナルド・トランプ氏がアメリカの大統領に当選したことに抗議した。

ガガは民主党のヒラリー・クリントン氏をサポートしていることを公言していて、ソーシャルメディアでクリントン氏に投票することを呼びかけていた。しかし、現地時間9日にトランプ氏が次期大統領に決まったことで、ガガはニューヨークのトランプタワーの前で「Love trumps hate(愛は憎しみに勝つ)」と、トランプ氏の名前とかけたプラカードを掲げて抗議した。

ガガはこの抗議中の写真をツイッターやインスタグラムにアップし、「愛が憎しみに勝つ優しい国に住みたい」と投稿している。

ガガは今月初めに来日していたばかりで、日本テレビ「NEWS ZERO」でトランプ氏について「私たち有名人は、彼が役者だって知っている。これは演技なの」と話し、トランプ氏に投票することは「間違いなく大惨事」と真剣な表情で語っていた。