フラーハウス

写真拡大

大人気ファミリードラマ『フルハウス』のその後を描き、配信開始と共に大ヒットとなったNetflixオリジナルシリーズ『フラーハウス』。12月9日(金)からは待望のシーズン2の配信がスタートとなるが、配信開始を記念して、メインキャスト陣7名が日本へ揃って来日することが決定。新シーズンのエピソード日本初上映となる12月5日(月)のジャパンプレミアイベントへ登場することになった。

今回、来日するのはタナー家の長女D.J.役のキャンディス・キャメロン・ブレ、次女ステファニー役のジョディ・スウィーティン、D.J.の親友キミー役のアンドレア・バーバーの"3人娘"に加えて、彼女たちの子育てに悪戦苦闘しながらも奮闘し、大人気を博したジェシーおじさん役のジョン・ステイモス、父親ダニー役のボブ・サゲット、親友のジョーイ役のデイブ・クーリエ、ジェシーの妻ベッキー役のロリ・ロックリンという総勢7名の"タナー・ファミリー"。キャストが揃って来日するのはこれが初となる。

『フルハウス』放送時からファンに切望されてきた"タナー・ファミリー"の来日だったが、残念ながら実現することなくシリーズは終了。そして今年、放送開始から約20年ぶりに制作、配信された『フラーハウス』によってファンの来日への想いも一気に再燃、Netflixには「一度で良いから来て欲しい!」という来日を望む多くの声が寄せられてきた。これらの熱い声を受けてシーズン2配信に合わせて正式に来日を依頼、本シリーズが日本でも大人気であることを知っているというキャスト陣から、「ぜひ行きたい!」という返答を受けて、ついにファン悲願の来日が実現することになった。

新シーズン撮影時には日本の取材陣に対して「東京ディズニーランドに行きたいよ!」と話しかけてきたジョンらおじさんたち。「僕らを日本に呼んでよ!」「君たちの(日本の)家に泊まりに行っていい?」「枕だけ持参していくよ」などと話していたが、その言葉は決して冗談ではなかったようだ。

『フラーハウス』シーズン2は、12月9日(金)よりNetflixにて配信開始。(海外ドラマNAVI)