ヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

ハリル流守備ブロックのコンセプトとは何か? 想定外のイラク戦と想定内の豪州戦

 11日にオマーン戦を控える日本代表。厳しい最終予選を戦う中ではあるが、この試合は貴重な親善試合。様々なテストをできる場でもある。課題が多い中で、何をテストすべきなのか。代表を追う記者が3つのポイントを提言する。(取材・文:河治良幸)

----------

 11月11日に行われるオマーンと親善試合は最終予選のサウジアラビア戦に向けた重要なテストになる。もちろん勝利して自信を強めることも重要だが、首位のサウジアラビアを相手にホームで勝ち点3を獲得するために必要なテストをしっかり行っておく必要がある。

 コンディションや細かい戦術の連携を確認できることは4日後のサウジアラビア戦に向けた大きなメリットだが、大きな枠組みとしては4つの項目があげられる。「【1】守備ブロックの設定」「【2】前線のオプション強化」「【3】不安なポジションのテスト」だ。もう1つ「攻守のセットプレー」もキーポイントになるが、ここでは3つの項目について書きたい。

【1】守備ブロックの設定

「守備には3つのブロックがある。高い位置、中間、低い位置だ」

 これはハリルホジッチ監督が昨年3月の就任時から言ってきた守備の基本コンセプトだ。その3つを相手や状況に応じて使い分けるわけだ。それは監督が対戦相手の分析に応じて選手に伝える場合と試合中に選手が判断する場合がある。一番まずいのはチームの意識が統率されないまま、ずるずる守る時間帯が続いてしまうことだ。

 10月の2試合はホームのイラク戦でうまく守備がはまらず、イラクに対して想定していたよりも低い位置で守る時間が長く、後手の対応を強いられる時間帯もあった。そしてオーストラリア戦は負けが許されない状況で意図的にラインを下げて対処する時間帯が長く、「3つのブロック」の最も低い位置で構えることにより相手の攻撃を封じた。

 つまり自分たちのゴール前16メートルからすぐ手前に最終ラインを構え、中に入ってくるボールホルダーを迎撃する戦い方だ。オーストラリア戦は原口元気がPKを与えるに至った一連のシーンなどをのぞけば安定した守備を維持することができたが、代わりにチャンスがロングカウンターに限定された。

どう守るべきか。選手たちは意識の共有を強調

「ハリル監督のやり方は(アウェイの)オーストラリア戦とホームでは明らかに変えるので、すごく臨機応変に柔軟にやることが求められる。次のオマーン戦ではどういうサッカーをやるかという戦術もそうですし、どこでブロックを敷く、どこでプレッシャーをかけるというのもサウジ戦に向けてやることだと思う」

 長谷部誠キャプテンがそう語るように、ホームで主導権を握りながら得点と勝ち点3を取りに行く戦いにおいて、高めのラインを敷きながら効率よくボールを奪い、ショートカウンターや迫力ある二次攻撃につなげるために前からはめるディフェンス、さらに背後のケアといった部分を確認する必要がある。そうなるとGKの守備範囲はより広くなるが、西川周作は個人の判断だけでなく、チームとしての共有が大事になることを強調する。

「ファーストディフェンスがはっきりしてくれれば、後ろの選手もコースを限定してスライドしやすいと思います。残っている選手に後ろが1人付いて、1人がカバー、そこの意識は90分間を通して基本的なことをやれるかだと思うので、逆に残っている選手を曖昧にしていれば自分が出るのも難しいですし、逆に食い付いてくれた方が出やすい」

 こうした守備戦術はいくら座学的にロジックを突き詰めても、選手が試合で実行して体験しながら完成度を上げていくしかない。

 もちろんオマーンとサウジアラビアでは危険な守備も違えばリズムも全く同じではないが、高い位置のブロックをベースに下げる時は全員で意識を揃えて下げるといった具合に体験を共有することで、大きな判断のズレなどは解消されるはず。言うまでもなく試合後にプレーをチェックして、試合に出ない選手も含めて確認作業を行うことは必要だ。

【2】前線のオプション強化

 現在は[4-2-3-1]あるいは[4-3-3]をメインのシステムとして、位置に多少の違いはあれ1トップと左右のウイングという構成を採っている。オーストラリア戦では右ウイングの主力であった本田圭佑が1トップ(前半は香川真司と事実上の2トップ気味になる状況も多かった)を担ったが、新たなソリューションの候補として大迫勇也を招集した。

大迫と久保は何を期待されているのか?

 当然ながら大迫には「ゴール前の仕留めるところを伸ばさなければいけない」と語るハリルホジッチ監督が言うところの“ゴールゲッター”として期待がかかるが、戦術面では1トップの役割をこなせるかどうか。

「フィジカルのクオリティとヘディングも強い。このような真ん中のFWはいないので貴重。(ゴール前)16メートルに入ってほしい」と指揮官が期待する大迫だが、この短い準備期間でフィットできるかどうか。

 ザックジャパンの時は「(周りとの連携に)時間が必要」と語った大迫だが、ドイツでよりタフネスも身に付けているだろう。ただ、ケルンでは大型FWのモデストとコンビを組んでいることもあり、1トップで周囲に前を向かせながら、いいタイミングでフィニッシュを狙うプレーはあらためて見極めが必要なところだ。

 もう1人の前線の新戦力、4年ぶりのA代表となる22歳の久保裕也に関してハリルホジッチ監督は「背後に向けてスピードもある。面白い選手。ただ2トップでプレーするオーガナイズ(のタイプ)で、それ以外は難しい」と語っており、よりオプションとして評価されているかもしれない。

 スイスのヤングボーイズで国内リーグ3試合連続ゴールを記録している久保はベテランの長身FWオアローと縦の2トップを組み、衛星的な動きからタイミング良くゴールに絡む動きで主力に定着している。ケルンにおける大迫とモデストより縦の関係が明確で、その意味ではハリルホジッチ監督の指摘通りだ。

「久保はセカンドアタッカー。サイドで使う可能性もあるが、16メートルに入って行く。(タイプが)原口や齋藤学とは違う」と指揮官。サイドで起用する場合も期待されるのはドリブルなどの仕掛けより、斜めに飛び出していく形だろう。そのことからサイドでも現状はオプションの意味合いが強いと考えられる。

欠かせない存在、主将・長谷部をあえて外す意義

「ただ彼が入ることでアイディアが増える。1つのオーガナイズでうまく行かなかった時に、もしかしたら4トップになるかもしれない」とハリルホジッチ監督。“4トップ”というのはFW登録が4人という意味で、前線に4枚フラットに並ぶという意味ではなく、システム上は[4-4-2]になるはずだが、そういう形が選択肢として起こりうるということだ。

 大迫にしても、所属クラブのレスターで2トップの一角を担う岡崎慎司にしても得意とするポジションであり、シンプルな組み立てから前線の特徴を発揮させる。その候補の1人として好調の久保がイメージされていることは間違いない。

「フレンドリーマッチでもしかしたらチャンスがある。1対1を突破できる稀な選手」と指揮官に評価される齋藤のテストもあり、90分で可能な選択肢を全てやるのは難しいだろう。その中でサウジアラビア戦に有効なオプションを探る必要がある。

【3】不安なポジションのテスト

 世界を目指す上では全てのポジションに底上げが求められるが、急務となっているのは長谷部と山口蛍に続くボランチの選手だ。今回はいわゆる典型的なゲームメーカーを選ばなかったが、その中でハリルホジッチ監督は2つのタイプに分けて説明した。バランスワークに優れる長谷部のタイプと前に出て行ける山口のタイプだ。

 ボールを奪う能力というのはボランチ全員に求められるが、攻撃に関連するオーガナイズでは長谷部と永木亮太、山口と井手口陽介が同じタイプにカテゴライズされているようだ。コンディション次第でもあるが、おそらくこの基準は崩さずオマーン戦で組み合わせをテストするはず。

 長谷部の場合はキャプテンとしてチーム全体の統率も兼ねるので親善試合でも外しにくい存在ではあるが、現状で抜けた場合に最も不安な選手の1人であり、90分とは言わないまでも不在の状況を経験しておきたいところではある。

 一方で、左SBは起用が流動的なポジションだ。新戦力ではないが、最終予選になって1試合も出ていない長友佑都があらためて起用される可能性は高い。今回は左SBの候補として選出されている槙野智章もオーストラリア戦で存在感を示したが、ホームの2試合が続く中でより攻撃的な役割が求められる。従来通り酒井高徳というチョイスもあるが、連携面も含め長友を入れた状況での再チェックは重要なファクターだ。

不安なCBの累積警告。小林祐希は幅広げる貴重な存在か

 CBは吉田麻也の森重真人が安定しており、ホームのサウジアラビア戦で勝ち点3を取ることだけを考えるなら、彼らで十分かもしれない。ただ、今後に向けて良い意味で競争を活性化させないと中東でのアウェイが続く後半戦やその先の世界を見据えて戦うには心もとない。しかも、2人はすでにイエローカードをもらっており、サウジアラビア戦で累積となれば次戦は出定停止になる。

 遅かれ早かれ、少なくとも彼らの1人を欠いた試合が来ることを想定すれば、親善試合のオマーン戦で代わりの選手をテストしておく意味は大きい。

 オーストラリア戦の最後に投入され、「トレーニング中も安定性が増して、より自分を表現できる」とハリルホジッチ監督が評価する丸山祐市か。「これから伸びるし、将来のA代表に必要」という植田直通か。吉田か森重と組む形での起用になるはずだが、彼らにとっても生き残りをかけたアピールのチャンスになる。

 トップ下は香川真司と清武弘嗣の競争に小林祐希が加わる構図となるが、香川が足首を痛めて9日の練習はホテルで別メニューとなっており、少なくともオマーン戦は大事を取るのではないか。清武は所属クラブのセビージャでなかなか出番に恵まれていないが、日本代表では重要な戦力でもあるため、オマーン戦である程度のプレー機会はあると見ている。

 一方の小林は前回キリンカップで呼ばれた後からオランダに渡り、運動量や規律が成長したことが指揮官に評価されている。攻撃的MFとして2人とともに選出された小林は彼らとの競争にも意欲的だが、ヘーレーフェーンでは主にボランチを担っている。

 オプションの[4-3-3]を採用する場合はインサイドハーフで起用される可能性も考えられる。香川や清武に刺激を与えることはもちろん、戦術的な選択肢を広げる意味でも小林の起用法は注目するべきポイントだ。

(取材・文:河治良幸)

text by 河治良幸