ユン・サンヒョン「ショッピング王ルイ」放送終了の感想を述べる“温かい童話として残るだろう”

写真拡大

俳優ユン・サンヒョンが「ショッピング王ルイ」の放送終了を控え、最後の撮影を行った感想を述べた。

9日、所属事務所のMGBエンターテインメントはユン・サンヒョンのMBC水木ドラマ「ショッピング王ルイ」の最後の撮影の写真とともに放送終了の感想を伝えた。

ユン・サンヒョンは「まず『ショッピング王ルイ』に大きな声援を送ってくれた視聴者のみなさんに感謝している。みなさんが愛してくれたおかげでチャ・ジュンウォンというキャラクターがさらに魅力的に描かれることができたと思う」と伝えた。

また「『ショッピング王ルイ』の現場は、毎日が努力と情熱で溢れていた。その努力が集まってすべてのキャラクターの個性が生きた生き生きとした作品に仕上がり、それが視聴者のみなさんに愛された秘訣ではなかったかと思う」とし「毎話ごとに輝くアイディアを盛り込んで愛らしいドラマを書いてくれたオ・ジヨン脚本家、タイトな撮影のスケジュールの中でも最初から最後まで変わりなく撮影現場を笑い声で埋め尽くしてくれたイ・サンヨプ監督以下すべてのスタッフ、同僚の俳優のみなさんに感謝している」と付け加えた。

最後にユン・サンヒョンは「『ショッピング王ルイ』で一杯だった2016年の秋は僕に温かい童話として残るだろう」とし「えへん、僕はまだチャ・ジュンウォンだ。最終話までまだ3話も残っているって!結末が気になったら本放送をチェックして」と機転の利いたチャ・ジュンウォン風の台詞で視聴を促した。

「ショッピング王ルイ」は韓国で11月10日に第15話、第16話(最終話) が連続放送され、放送終了となる。