夫が「台所に立たない家」の妻のヤバい言動

写真拡大

■男性が厨房に立たない理由は、あいまいな「料理用語」

女性の社会進出に伴い、男性に家事負担を担ってほしいと思っている女性は多いのではないでしょうか。「平成23年社会生活基本調査結果」(総務省統計局)によれば、1日の生活時間のうち、男性の家事時間の平均が37分であるのに対し、女性の家事時間の平均は2時間59分に上ります。おおよそ男:女=1:5です。

女性が最も多くの時間を費やしている家事時間をチェックすると、「食事の管理」(51.1%)が圧倒的割合を占めています。今後、女性の家事負担を大きく減らすためには、家庭で料理を手伝う男性が増えることがポイントです。

本稿では、ベターホーム協会・企画部の松田佳子氏(企画広報課長)にご協力を頂き、男性の厨房時間を1分でも増やすために今夜からできることを紹介します。

1. 料理初心者の男性が持つ「8つの特徴」

ベターホーム協会では、1991年から男性のための料理教室を開催していますが、1991年当時約350人だった男性受講者は、2016年には約6000人まで増え、そのうちの約4割強は60歳代が占めています。昔は、「男子厨房に入るべからず」と言われたものですが、家庭で料理をすることに関心を持つ男性は珍しくなくなりました。

しかし、初めて料理をする男性のなかには、日頃から料理をする女性にはわからない、思ってもみないところでつまずく人も多いのも事実です。ベターホーム協会では、20年以上に渡る料理教室の現場から、初心者の男性が持つ8つの特徴をまとめています。

【料理初心者の男性が持つ「8つの特徴」】

特徴(1)料理以前の基礎知識が少ない
料理用語が分からない。「沸騰するってどういうこと?」「油が温まったらって?」
特徴(2)「なぜそうするのか」科学的な理由の説明が、男性の論理的な感性に響く
調理科学に基づき「なぜそうするのか」の理由を説明すると、男性の頭にすんなり入っていく。男性は理屈から入り、頭で理解すると行動しやすい
特徴(3)あいまいな表現が苦手、数字が好き
「薄切りって何ミリ?」「こしょう少々ってどれくらい?」
「火が通るまで焼く」「さっと炒める」というのは何分何秒加熱すればいいのか知りたがる
特徴(4)マニュアル志向が強い
レシピに忠実に調理する。「5分ほど煮る」と書いてあれば、5分ぴったりに火を止める。ただし、3分たったところで焦げても、5分煮続ける。
特徴(5)計量が苦手
計量カップや計量スプーンを使った計量は苦手。
特徴(6)火加減の調節が苦手
火加減を細かく調整するのが苦手で、ずっと強火のままで焦がしてしまって失敗する人も。
特徴(7)並行作業が苦手
「〜を煮ながら〜をゆでる」など、並行して作業をするのが苦手。1品を仕上げてから次を作りたがり、鍋を2つ火口にかけると、1つは忘れてしまう。
特徴(8)後片付けが苦手
食器洗いも経験がなく、やり方が分からない人が多い。

(出所:ベターホーム協会プレスリリース「男の昼ごはんを発行しました」(2013年8月)から一部抜粋)

松田氏はこう話します。

「男性は女性に比べて、料理に関して仕入れた情報量、身に着けた技術、経験などが圧倒的に少ないことを理解することが大切です。普段から料理の本やテレビを一緒に見る、さりげなく料理教室を勧めるなど、夫が知識や経験を積めるよう妻の側から働きかけてみることも効果的です。ご自宅では、食材が少なくてもできるメニューを選んで、調理に必要な食材セットの準備までを妻が行い、夫に調理を体験してもらうのも良い練習になると思います」

料理が初心者の夫に妻が手ほどきするのであれば、上記8つの特徴を踏まえて、丁寧に疑問に答えながら教えつつ、長い目で成長を見守る優しさも必要だといえます。

■なぜ、妻は夫に台所を“明け渡せない”のか?

2. 夫の料理に感謝し、褒めると家事負担軽減

同協会「料理教室に1年間通った、シニア男性の声」(2012年8月)によれば、シニア男性が料理教室のなかで習って一番人気だったメニューは、「ハンバーグ」だということが明らかになっています。

その理由としては、「家族からのリクエストが多い」、「作ってみたら家族から美味しいと評価された」といった内容が多く挙げられていました。シニア層の男性というと、和食を好むイメージですが、家族から喜ばれたという理由が目立っていることが特徴的です。

松田氏からも次のように語ります。

「夫に料理を長く続けてやってもらうためには、料理をする夫を褒め、感謝をすること大切です。子どもがいる方は、子どもの口から、『おいしい!』『すごい!』と褒められることもやりがいにつながります。約10年前と比べると、お孫さんに料理を作る男性の方も増えているので、お孫さんに喜ばれることがやりがいにつながっているケースも多いと聞きます。少し料理に慣れてきたら、友人等に料理をふるまう機会を積極的に設けると良いと思います」

料理を始めた夫に対して、妻は感謝の気持ちを示し、良かったところを積極的に褒めることが、夫の料理を長続きさせるためのモチベーションアップにつながると共に、家族のコミュニケーションを増やすきっかけにもなると考えられます。逆に言うと、やさしい目線で初心者を見守る姿勢が女性にないと(夫もやって当然、といった言動ばかりで感謝や褒めがない)、結局、家事分担割合はそれまでと同じということになりかねません。

3. 台所を明け渡す勇気を持つ

言ってみれば、ビギナーの夫のプラスな面に対して意識を向ける努力が必要なのです。しかし、これが意外と実践するのが難しい。

同協会「定年退職した夫の昼ごはん、どうしていますか?」(2013)のなかに妻の正直な気持ちがレポートされていました。なんと約4割の妻が夫に料理をしてほしくないと思っていたのです。その理由は何か?

「キッチンが汚れるから」(80.9%)
「うまく作れないから」(78.2%)

せっかく夫が料理への関心を持っていても、妻が阻害しているケースも少なくない。これは定年退職をした夫を持つ妻の意見ですが、夫の現役世代の世帯でも似た傾向があることは明らかです。

■夫が聖域(台所)に入ると、妻がイライラする理由

また、同協会「料理教室に1年間通った、シニア男性の声」(2012年8月)にも、そんな妻の阻害に困惑する夫の声も載っていました。

「妻が料理の主導権を握っており、入り込む余地はない」
「妻の聖域でもあった台所で手間取りながら作っていると妻にイライラされる」
「習った料理の作り方と妻の作り方は、当然手順等異なることは理解できるもののとまどう」

この夫婦間の微妙な問題について、松田氏はこうアドバイスします。

「汚される、散らかされることを恐れていては、いつまでも自分が台所に立つことになります。台所を解放する勇気を持ち、台所は2人の共用スペースだと考えることが大切です。例えば、夫が上手にできる料理があれば、得意料理と認定して、そのメニューは必ず夫に作ってもらうなど、お互いの作るメニューを分担するというやり方もあります」

夫が厨房にいる時間を長くしてもらうためには、厨房を明け渡す勇気を持つと共に、夫婦でコミュニケーションを取りながら、上手に役割分担をしていくことも重要だと言えます。

4. 価値観の相違を乗り越えて

最後にまとめとして松田氏からはこんな提案がありました。

「料理に不慣れな夫が料理をやり始めると、価値観がぶつかることやお互い譲歩しないとやっていけないこともあると思います。ただ、続けていくうちに、夫は妻の今までの家事の大変さを理解し、妻もそのような夫の変化に感動することが多く、そういう気持ちをお互いが汲み取りながらやっていければ、円満にやっていくことができます」

夫婦であるがゆえに遠慮がなく、衝突してしまうことも多いかもしれませんが、そのようなことに臆することなく、挑戦してみることで、夫婦にとっても新たな気づきや、学びにつながるものがあるのではないでしょうか。

(小島明子(日本総合研究所 創発戦略センターESGアナリスト)=文 ベターホーム協会=取材協力 )