画像提供/シャショクル

写真拡大

「今日のお昼は何にしよう……」

 この悩みは業種を問わず、多くの社会人にとって永遠のテーマといえる。味、コストパフォーマンス、利便性――昼食選びの指針は人によって、いやその時々によっても変わってくるだろう。

 給料日前であればとにかく安く。給料日直後であればちょっと贅沢に。屋外の気候によっては、外に出ないで済むなら何でもよい、となるかもしれない。多忙を極めるビジネスマンの中には、この時間と労力すら惜しいと考える人もいる。また、オフィスに近い飲食店やコンビニにはもう飽きたとか、社員食堂は味がイマイチといった不満もチラホラ……。

 こうした会社員の悩みや不満を背景に、2015年8月から始まったのが、デリバリー型 社員食堂「シャショクル」。500円程度のものから「牛たん炭焼 利久」や「東京 日本橋 三代目 たいめいけん」など有名シェフによる豪華なものまで、4000種類以上の弁当の中からその企業向けにあったお弁当を提供する企業向けサービスとして人気を博しており、2016年10月時点で提供食数は1300食を突破したという。

「ご指定の時間にお弁当をオフィスへお届けします。導入費や固定費、配送費は無料。企業規模に合わせて販売プランやお弁当の個数をご相談いただけます」

 こう語るのは、サービスを運営するスターフェスティバルの広報・石尾怜子氏。しかし、4000種以上の弁当から選ぶとなると、それだけでひと苦労なのでは?

「事前に社員の人数や男女比、年齢層、業態のほか、お弁当の価格帯などを伺います。こうしたヒアリングをもとに、弊社で企業様にあったメニューをご用意します。メニューは基本的に10種類前後で全品日替わり。ご要望があれば定番化も可能です。お届け食数の多い企業さんの場合は、毎日25種類程度お持ちしています」(石尾氏)

 全品日替わりなのでマンネリ化の心配はなく、社内で人気のメニューがあれば毎回届けてもらえる。また、給料日直後はいつもより高価でもいいものが食べたい、というような希望にも対応できるという。

 販売スタッフの派遣もある。

「たとえば、1日に70食以上お求めであれば、オフィスにテーブル1台分程度などの販売スペースをお借りして、弊社の販売スタッフ『シャショクルー』が対面販売いたします」(石尾氏)

 この「対面販売プラン」なら、弁当の準備から販売、後片付けまで、シャショクルーがすべてこなしてくれるので、契約企業側は販売スペースを確保するだけで済む。

「一方の『定期配送プラン』の場合は、配達ドライバーが指定の時刻にオフィスへお弁当をお届けします。こちらのプランですと、1日あたり20食前後でも導入可能です」(石尾氏)

 ただし「定期配送プラン」では導入障壁が低いぶん、販売員がつかないため、準備や後片付けなどをオフィス側で行なう点に注意が必要だ。こうした手間を省く意味でも、70食以上から導入できる「対面販売プラン」のニーズが高いという。対面の場合、販売員が現場の声や反応を汲み、次回以降のメニュー組みに反映できるメリットもある。

 スターフェスティバルは「シャショクル」に先立ち、2012年からインターネットやカタログから注文した人へ弁当・ケータリングを届ける「ごちクル」というデリバリーサービスを展開。会議弁当、研修、イベントやパーティでの利用が多く、現在47都道府県をサービス提供エリアに広げ、商品数は約8,000種を取りそろえる。「シャショクル」は、この既存サービスをベースに生まれた。同社は、これまで築いてきた「食のシーン」を活用し、シャショクル意外にも新たなサービスを生み出している

◆弁当提供に併せたPRサービス

「お弁当を通じて、企業様の販促品やサンプルなどをほかのご利用企業様へ配布する『ごちアド』というサービスを始めました。各企業の製品に合わせて、全国約6万の法人アカウントを対象に、サンプリングやプロモーションを行ないます」