WR-V市販予定車(本田技研工業の発表資料より)

写真拡大

 本田技研工業(ホンダ)のブラジルにおける四輪車の生産販売子会社・ホンダオートモーベイス・ド・ブラジル・リミターダは9日、2016年サンパウロ国際モーターショーにおいて新型コンパクトSUV「WR-V」の市販予定車を世界初公開した。

 コンパクトカー「フィット」をベースに設計されているWR-Vは、南米ユーザーの要望にあわせてHonda R&D Brazilで開発され、「都会的なSUVデザイン」と「高いユーティリティー」「広い室内空間」をコンパクトなボディーサイズの中で実現している。

 国内で販売されているコンパクトSUV「ヴェゼル」(海外名:CR-V)にとってはワンランク下にあたるWR-Vは、燃費性能にも優れ、安定したハンドリング性能も兼ね備えており、日常での利用から行楽まで、幅広い用途に応えることとなる。

 販売は南米地域を予定しており、ブラジルでは2017年前半に発売される見込み。ホンダでは、CR-V、HR-Vに続くSUVを投入することで、南米での販路拡大を目指す狙いだ。