応援マネージャーに就任した大友花恋

写真拡大

 新進女優の大友花恋が、全国高校サッカー選手権大会に花を添える、12代目応援マネージャーに就任することが決定した。

 現在17歳の大友は、昨年放送の月9ドラマ「恋仲」、今年に入ってドラマ「お迎えデス。」「こえ恋」、公開中の映画「金メダル男」などに出演し、今後の活躍が期待される新鋭。今回の応援マネージャー就任に際し、「全国にたくさんいるマネージャーさんたちの代表として、選手のみなさんに身近に感じてもらえるようなマネージャーになって、たくさん応援し、選手のみなさんの熱いプレーをお届けできたらと思います」と意気込みを語る。

 就任を知らされた時は「すごく、すごくビックリしました!」。弟がサッカーをしているそうで、練習に付き合って一緒にパス回しをすることもあるという。自らは「2歳から11歳まで水泳を習っていた」ということもあり、「熱中して取り組む気持ちはわかります。応援できるのが楽しみです!」と笑みを浮かべた。

 また、今大会“応援リーダー”に就任する日本代表・岡崎慎司選手の熱烈なファン。それだけに、「リーダーをされると聞いて、感動しました! 岡崎選手が全身で情熱をもってシュートを決めるのが格好よくて、いつもテレビで応援しています」と明かした。

 昨年、マネージャーを務めたのは「こえ恋」で共演した同年代の永野芽郁。まだ永野には伝えていないそうだが、「聞いたらビックリするだろうと思います。たくさんアドバイスをいただけたらと思っています」とニッコリ。また、それ以前にマネージャーを務めたのは、広瀬すず、松井愛莉、川口春奈、新垣結衣、堀北真希ら錚々たる面々。「歴代のみなさん、本当にすごい方々なので、私にできるかな? という不安もありますが、可能であれば選手のみなさんとお話をして、一生懸命つとめたいです」と力強く語る。

 大会の主役である選手たちには、「みなさんがいままで練習してきた成果を120%出し切れるように応援します! 一緒に熱い熱い冬を過ごしましょう!」とエールを送った。「第95回全国高校サッカー選手権大会」は、12月30日に開幕。