久松郁実の足に正義あり
 - (C)2016フジテレビジョン 小学館 ジェイ・ストーム 東宝 OLM (C)高橋のぼる・小学館

写真拡大

 映画『土竜の唄 香港狂騒曲』(12月23日全国公開)に出演するモデルで女優の久松郁実が、劇中衣装の悩殺チャイナドレスに身をつつんだセクシーな姿を披露した。

 ファッション雑誌CanCam(小学館)の専属モデルとして活躍中で、グラビアクイーンとしても名をはせる久松。生田斗真主演、三池崇史監督、宮藤官九郎脚本のタッグで実写映画化した『土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI』の続編に、人身売買の被害者である中国人のチーリンとして高級美女オークション会場のシーンに出演している。

 足を全面的に見せつけるチャイナ服で、値踏みをする富豪たちの卑しい視線に耐える役どころに挑戦した久松は今回のビジュアル写真を横浜市にある中華街で撮影。思わずドキッとしてしまう悩殺衣装を久しぶりに身にまとったという久松が、全身からセクシーフェロモンを爆発させている。

 今作で中国語のセリフに初挑戦したという久松は、「体験したことのない恐怖、絶望をどう表現していくのかを自分なりに考え、三池監督にご指導頂きながら演じていました」と撮影を振り返り、「とてもハラハラドキドキする作品だと思います。わたしも活躍するシーンがあるので是非楽しみにしていて下さい」と作品をアピールしている。(五十嵐洋介)