エディ・レッドメイン、「SW」悪役落ちていた

写真拡大

エディ・レッドメインが、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」から登場している新悪役カイロ・レン役のオーディションを受けていたことを明かした。

「ハリー・ポッター」シリーズのスピンオフ作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」で、主役のニュート・スキャマンダーを演じているエディだが、「スター・ウォーズ」の悪役を演じたかったようだ。

しかし、結局カイロ・レン役はアダム・ドライバーが演じることに。エディは、願いが叶わなかったオーディションの詳細について、Uproxx.comに次のように明かしている。

「たぶん僕はアダム・ドライバー(が演じているのと同じ役)のオーディションを受けていた。それで『スター・トレック』みたいなシーンや、『高慢と偏見』みたいなシーンを与えられたんだ。あそこまでトップシークレットな映画だと実際のセリフは渡されないんだよ。だから『高慢と偏見』の1シーンを与えられたわけだけど、でも悪役のオーディションだと言われるんだ。僕みたいなタイプだと、馬鹿げた話し方をそこで始めるわけさ」
「本当に笑っちゃうような状況だったね。(キャスティングディレクターの)ニナ・ゴールドに感謝しなくちゃいけないね。彼女は僕を色んな映画にキャスティングしてくれているから。それで彼女がそこにいて、僕は何度も何度も僕なりの(ダース・ベイダーが息をしているような)違うバージョンの声をやったわけさ。それで10回くらいやった後、彼女が『ほかにまだある?』って言うから僕は『ノー』って答えたね」

そんな努力も虚しく、カイロ・レン役には選ばれなかったエディだが、新作で幼いころから夢中だったという魔法使いの役を演じられているためあまり気にしていないようだ。

以前のインタビューでエディは「マジシャンが誰かを半分に切るとかのトリックのための商品を買うような、ダヴェンポーツっていうすごく楽しいお店があったんだ」「ポッターの雰囲気を持っていたね。ロンドンのチャリング・クロス駅の地下道のちょっと小汚いところにあったんだよ」「それで今回の映画にキャスティングされた時、うちのおばあちゃんは『お前が魔法使いを演じる日がくると分かっていたよ』って言ってたね。すごく感激していたよ」と話していた。