写真提供:マイナビニュース

写真拡大

熊本電気鉄道は、11月5日に開催した5000形5101A号車(元東急電鉄5000系・通称「青ガエル」)の運転体験会が好評だったことを受け、12月と1月に追加開催することを決定した。

5000形5101A号車は今年引退した車両。運転体験会では北熊本車庫内の構内線(約100m)を走らせる。開催要項は11月5日の開催と変わらず、運転取扱い方法や車両の構造などを学ぶ事前講習、実際の車両で機器の名称や取扱い方法の説明を受ける乗務講習、指導運転士が運転の見本を見せる指導講習の順に受講。最後に運転台に座り、運転士の指導を受けながら発車合図でのドア閉め、時速10?以下での走行、停止位置での停止を体験する。

開催日は12月10・23日と1月15・21日。各日とも午前の部(9〜12時)と午後の部(13時10分〜16時30分)があり、午前の部は定員6名、午後の部は定員7名となる。参加対象は中学生以上で、参加費は1万円(税込)。参加特典として、熊本電鉄オリジナル修了証、熊本電鉄カレー、くまでんSHOPで使える1,000円割引券が付く。

当日は参加券の提示により、熊本電気鉄道の電車が乗り放題に。くまでんオンラインショップにて11月14日から受付開始し、定員に達し次第、締切となる。

(佐々木康弘)