フランス代表、ユムティティが負傷離脱でマンガラが追加招集《ロシアW杯欧州予選》

写真拡大

▽フランスサッカー連盟(FFF)は9日、ロシア・ワールドカップ欧州予選と国際親善試合に臨むフランス代表メンバーからDFサミュエル・ユムティティ(バルセロナ)が負傷離脱したことを発表した。

▽FFFの発表によると、ユムティティは9日のトレーニング中に左ハムストリングを負傷したという。そして、FFFは代替選手として、DFエリアキム・マンガラ(バレンシア)を追加招集したことを併せて伝えている。

▽また、同日のトレーニングでは、FWキングスレー・コマン(バイエルン)も左足首を負傷。同選手に関しては10日の検査結果によって、離脱の可否を決定する予定だ。

▽フランスは11日にホームでスウェーデン代表とロシアW杯欧州予選を、15日にはホームでコートジボワール代表と国際親善試合を行う。