後にヴェルディで盟友となる高木善朗との競り合い。小学校時代の東京トレセンでのゲームで。写真提供:小林拓也

写真拡大 (全2枚)

「あの天才少年、なんていう名前でしたっけ?」
 
 取材で対面している都並から、そう聞かれたのは、シドニー五輪から4年後のことだった。

「その子、ウチ(東京ヴェルディ)が獲りに行っていますよ」
 
 祐希は小学6年生になっていた。 ちょうど東京ヴェルディ(以下、東京V)と同時に、FC東京むさしも獲得の意思を伝えてきた。 FC東京U-15 は、それまで深川で活動してきたが、小平市に「むさし」を新設したばかりで、挨拶に来たのは当時育成責任者の城福浩だった。

「間違いなく、6年後にはプロにします」
 
 そう力説する城福は、やがてU-17日本代表監督を経て、トップチームの監督に就任していく。
 
 一方で東京Vは、対照的にシビアな現実を突きつけた。

「もし中学3年間取り組んでみて、サッカーに向かないと判断すれば、別の道に進むように指導します」
 
 FC東京むさしなら自転車で通える。父・拓也は「そのほうがいいだろう」と勧めた。しかし祐希が選択したのは、諸手で歓迎の意を表わしたFC東京むさしではなく、自己責任での競争参加を提示した東京Vのほうだった。もちろん判断の基準は、担当者の挨拶だけではなかった。
 
「夏には東京トレセンで埼玉国際に出場し、優勝しています。このチームにはのちに東京Vに進む仲間が6〜7人いたので、また一緒にやりたい気持ちもありました」(拓也)
 
 東京都第4地域(当時)から東京都トレセン(男女共通)に選ばれたのは、祐希と岩渕真奈(現バイエルンL)だけだった。ちなみに埼玉国際決勝で対戦したのは青森トレセンで、祐希より20センチ近くも大きかった柴崎岳(現・鹿島)が身体能力、技術ともに抜けていたという。
 
「それに東京Vジュニアユースの菅澤大我監督の言葉も新鮮に響いたようです。練習に通う時なども、ジャージではなく、お洒落にも気を遣えるような人間になれ、と。そんなことは他で言われたことがなかったですからね」(拓也)
 
 それは連綿と引き継がれる“ヴェルディ主義”と言えるかもしれない。 かつてユース日本代表を指導した小見幸隆は、タイ遠征中の食事の席で「僕は何でも食べられます!」と宣 言した選手を、逆に突き放した。

「だからおまえのサッカーはダメなんだ。それはおまえの健康のためにはいいよ。でも食事や女にこだわりのないヤツは、サッカーにもこだわりを持てない」
 感受性が強く、賢明でこだわりを持つ祐希は、東京Vのスタイリッシュな本物志向に魅き寄せられたに違いない。東京Vに進み、「親は本当に楽になりましたよ」と拓也は吐露する。
 
「鼻っ柱が強くて、自分がプロになるとか、目の前の試合に勝つこと以外は眼中にないような子でした。だから周りに少しでも気の抜けた緩いプレーをする子がいると、そのまま言葉にして、怒鳴り飛ばしてしまう。 祐希が、この子にこんなことを言った、という話が次々に僕の耳にも入ってくるので、そのたびに謝りに行きました」
 
 しかし、東京Vの保護者たちはまったく違った。拓也が過去の祐希の経緯を話すと、一様にこんな反応が返ってきた。
 
「ここではみんながプロを目指してやるんです。そのくらいのことは言ってもらって構いません。逆にそんなことでシュンとしているようでは、厳しい世界で戦えない」
 
 実際彼らが中学2年時から指導に当たった中村忠(現FC東京コーチ兼U-23監督)は、個々の技術水準とプロを目指す意識の高さに驚いた。
「トレーニングから本気で削り合いをするぐらい殺気立っていました。きつい言い方をする選手は、伝統的にどの代にもいましたからね。見方を変えれば、彼らはしっかりと喋れるタイプでもあるわけです。祐希は、高木善朗やキローラン木鈴らと並んで、きつく言葉を発する中のひとり。その程度ですよ。中島翔哉なんか、もっと言っていましたからね」