ホテルや旅館でかならずお世話になるスリッパですが、今、注目を集めている「最高級スリッパ」をご存知でしょうか。無料メルマガ『MBAが教える企業分析』では、お値段なんと1足2万円の贅沢なスリッパで、山形県のある街を「スリッパの聖地」にしようと試みる興味深い企業の経営戦略・戦術を、著者の青山烈士さんが詳しく分析しています。

コラボレーション

注文が殺到している最高級スリッパを作っている企業を分析します。

● 阿部産業(高級スリッパ)

戦略ショートストーリー

高級旅館や高級ホテルをターゲットに「こだわりを持った独自のモノづくり」に支えられた「上質さ」「履いて気持ちいいスリッパ」といった強みで差別化しています。

スリッパのブランド化に地域をあげて取り組みつつ、自社は最高級・最高品質にこだわることで実現した圧倒的な品質のスリッパで顧客の支持を得ています。

■分析のポイント

「コラボレーション」

価格で勝負できない、勝ち目がない状況の中で、阿部産業がとった戦略は、最高品質・最高級を目指す戦略でした。その最高品質・最高級を実現するためにカギになったのがコラボレーションです。

コラボレーションとは複数の立場や人によって行われる協力・連携・共同作業のことです。阿部産業はどんなコラボレーションをしたかというと

工業技術センターとの共同研究米沢織りとのコラボレーションロンドン在住のデザイナーとコラボレーション

などがあげられます。これらのコラボレーションがなく、自社リソースだけでは、最高品質・最高級を目指す戦略の実現は難しかったでしょう。

ちなみに、戦略を考える際に基本的には持っているリソースから考えることが多いです。なぜかというと、例えば、既存の在籍メンバーで実現できないことが明らかな戦略は現実感がなく、絵に描いた餅になってしまう可能性が高いからです。

しかし、自社だけでは戦略の実現がむずかしいこともあります。その場合に有効になるのが、協業などのコラボレーションです。

阿部産業は、戦略を実行するうえで、コラボレーションの有効性を示してくれた好事例と言えるでしょう。今後、阿部産業がどのようなスリッパをリリースしていくのか、河北町は「スリッパの聖地」となることができるのか、期待しています。

◆戦略分析

■戦場・競合

戦場(顧客視点での自社の事業領域):スリッパメーカー競合(お客様の選択肢):スリッパメーカー→「パンジー」など状況:日本製のスリッパは中国製などに押される形で厳しい状況のようです

■強み

1.上質さ

最上級の「絹」を履くという贅沢さ日本の生活文化の中で育まれた美しい所作をイメージしたデザイン

2.履いて気持ちいいスリッパ

最高級の絹を使って、米沢織り職人が一つ一つ手作りしています

★上記の強みを支えるコア・コンピタンス

「こだわりを持った独自のモノづくり」(歴史、文化、独自技術、デザイン)

工業技術センターとの共同研究として、紅花とお雛様で知られる山形県河北町谷地の履き物産業と米沢織りの出会いから生まれた袴地仕立てのスリッパです。「絶対安いものは作らない」「品質が第一」という先代の思い「HAKAMA JITATE」「KINUBAKI」などの高級スリッパを作れるのはこの道約40年の工場長・太田洋子さん一人外部のデザイナーとのコラボレーション

上記のような独自のモノづくりの歴史や文化、独自技術などがあるからこそ、強みを実現できているといえます。

■顧客ターゲット

高級旅館、高級ホテル、美術館など

◆戦術分析

■売り物

「最高級スリッパ」

「HAKAMA JITATE」「KINUHAKI」 (HAKAMA JITATEの上位版)

→素材には最高級の絹を用い、米沢織り職人が丹精込め織り上げた 袴地を、日本の生活文化の中で育まれた美しい所作をイメージし「たたむ、仕舞う、携える」をテーマに仕上げています。注文から数ヵ月待ちになることもあるようです。

■売り値

「KINUHAKI 無双」

→S、M、L:1万8,000円、 LL:2万円

■売り方

「スリッパのブランド化」

阿部産業と5社が加入している「山形県スリッパ工業組合」にて、河北町をスリッパの街として街おこしをしています。スリッパ卓球世界大会も開催しています。「かほくスリッパ」という統一ロゴをつけることで、高品質なスリッパであることをアピールしています。「KINUHAKI」 は2009年グッドデザインアワードで日本商工会議所会頭賞を受賞

■売り場

きもの結城屋(山形県)にて販売中

※売り値や売り物などは調査時の情報です。最新の情報を知りたい場合は、企業HPなどをご確認ください。

image by: 阿部産業公式HP

 

『MBAが教える企業分析』

本メルマガをとおして、ビジネスパーソンにとって重要となる企業分析能力を磨くことであなたの価値向上のお手伝いができればと思っています。

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!