7日、日本の有名大学を受験する中国人学生が増加しており、「爆買い」ならぬ「爆留学」という新たなキーワードも現れている。資料写真。

写真拡大

2016年11月7日、中国新聞網によると、日本の有名大学を受験する中国人学生が増加しており、「爆買い」ならぬ「爆留学」という新たなキーワードも現れている。

2015年時点で日本における中国人留学生の数は約9万4000人。外国人留学生全体の45%を占める。日本で一流大学を受験する中国人学生のための予備校もある。

日本の大学が注目される背景には、アニメや漫画などで日本文化に親近感を抱いている若者が多いことや、遠い欧米と比べると留学費用が抑えられ、両親の同意も得やすいことがある。また、中国国内では受験競争が厳しすぎることもある。「高考」と呼ばれる大学入試が行われるが、これに失敗すると挽回は難しく、「それならいっそ」と日本で一発逆転を狙う学生が増えているのだという。

この報道に、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「知識を買う方が、物を買うよりもずっといい」
「ひとつの技能を習得するだけでも大変なのに、その前に言葉を覚えなければならない。それも生活言語レベルではない。留学する人たちを尊敬するよ」
「日本に留学する方が安いって?。あんなに物価が高いのに?」

「ランキングは確かだ。いい大学はやっぱりいい」
「魯迅や周恩来も日本に留学していたよね」
「日本の一流大学は欧米の一流大学と比べて悪いことはない。専門的な人材を求める企業はよく分かっている」(翻訳・編集/岡田)