写真提供:マイナビニュース

写真拡大

来日中の俳優トム・クルーズが9日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われた主演映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』(11月11日公開)のジャパンプレミアに、エドワード・ズウィック監督と共に登場。寒さ厳しい中、約1時間半にわたって笑顔でファンサービスとマスコミ取材に応じた。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(15)以来、1年3カ月ぶり22回目の来日を果たしたトムが姿を現すと、駆けつけた約500人のファンは大興奮。トムは来日時いつも長時間にわたってファンサービスを行うことで知られているが、この日も厳しい寒さをもろともせず、コートも羽織らずスーツ姿で、サインや記念写真に応じてファンと交流した。

その後、ステージに登壇したトムは、「サンキュー! サンキュー!」と感謝の言葉を繰り返し、「今日は寒い中、ありがとうございます。いつもみなさんに会うのを楽しみに日本に来ます」とあいさつ。演じた主人公のジャック・リーチャーについて、「一匹狼で、感情が豊かで、タフでアクションもうまい」と話し、「ぜひ楽しんでください」とアピールした。

トムと『ラストサムライ』以来のタッグを組んだエドワード・ズウィック監督も「日本に自分の作品を持ってくることはいつも光栄」と喜びを伝え、トムについて「ここまで映画、そして映画作りを愛している方はいません」とコメント。「トムと一緒に仕事をすることは大きな喜びです」と語った。

最後は寒さが限界にきたのか、トムは写真撮影を忘れて「サンキュー!」と感謝の言葉を伝えて立ち去ろうとするも、司会者から指摘されると監督と2人で照れ笑い。ラストは、トムと監督の「ジャック・リーチャー!」という呼びかけに、ファンが「NEVER GO BACK!」と応え、一体感に包まれた。

本作は、元米軍エリート秘密捜査官にして今は街から街へと放浪を続ける一匹狼、ジャック・リーチャーをトム・クルーズが熱演した大ヒット作『アウトロー』(13)の続編。元同僚ターナー(コビー・スマルダーズ)がスパイ容疑で逮捕され軍内部での不審な動きに気付き、かつての部下を殺害する真犯人を暴くため動き出すが、ジャック自身も陰謀に巻き込まれてしまう。