9日、韓国全羅北道全州市内で「バーン」というごう音が聞こえたとの通報が相次ぎ、警察や消防が原因の把握を進めている。資料写真。

写真拡大

2016年11月9日、韓国全羅北道全州市内で「バーン」というごう音が聞こえたとの通報が相次ぎ、警察や消防が原因の把握を進めている。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

全羅北道消防本部と同道警察庁などによると、9日午後2時50分ごろ、全州市牛牙洞、西新洞など市内全域から「バーンという音が聞こえた」との通報が相次いだ。通報は30分ほどで十数件に上り、以降も続いているという。警察と消防が原因を調べているが、爆発や事故は確認されず、地震も観測されていない。同様の通報は市にも寄せられ、市も原因を調べている。

音を聞いたという人たちは「窓ガラスが揺れた」「地面が揺れた」など不安を訴えている。西新洞のカフェ店内で音を聞いたチェさん(41)は「窓ガラスが揺れた。まるで何か大きな物体が落ちたか破裂したようだった」と語った。ここから3キロほど離れた地点にいたキムさん(33)は「バーンという音がした後、地面が揺れるのを感じた」と話した。全州は韓国中西部、伝統家屋が集中する「韓屋村」や名物の全州ビビンパなどで知られる観光地。

騒動を受け、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

「音を聞いた人がいるのに原因を把握できないとは、実に情けない」
「宇宙の気が全州に集まってきたのでは?」
「米軍の戦闘機の超音速飛行で出る音じゃないか?」
「金正恩(キム・ジョンウン)がトンネルを掘って全州まで行ったとか?」

「UFOが着陸したのかも。誰を捕まえに来たのかな?」
「韓国国民の胸が張り裂ける音だろう」
「(米大統領選共和党候補の)トランプ氏の優勢に地球が驚いた音」
「国が滅びる音だ」

「どうせ大したことじゃないだろう」
「国のありさまを見たご先祖様たちの泣き声かもしれない」
「地震でもなければ爆発でもない。ということは、また崔順実(チェ・スンシル。国政介入疑惑がかけられている女性)か?」(翻訳・編集/吉金)