「ReLIFE リライフ」で大神和臣役を務める高杉真宙/(C)夜宵草/comico

写真拡大

中川大志、平祐奈のW主演で'17年4月15日(土)に公開される映画「ReLIFE リライフ」の追加キャストが決定。若手実力派俳優の高杉真宙が、ピアスと金髪という一見“チャラ男”風だが、実は委員長も務める優等生・大神和臣(おおが・かずおみ)役で出演する。

本作は、日本の無料漫画アプリで利用率No.1という「comico」で連載中の人気作品を映像化。27歳のニート男が、薬で見た目だけ若返り、1年間だけ高校生活を送るという実験の被験者となり、人生2度目の学園生活を体験する物語が展開される。

先に発表された中川が、主人公のニート男・海崎新太役。彼が“リライフ(やり直し人生)”中に出会って恋をする、不器用過ぎる女子高校生・日代千鶴を平が演じる。

高杉が扮(ふん)する大神は、チャラい外見のせいで海崎から「チャラオーガ」なる不名誉なあだ名を付けられるが、テストで赤点を取った彼に勉強を教えたりする面倒見がいい役どころ。

「僕はこういうチャラい感じの役、盛り上げ役はあまり経験がないので、結構緊張しています」と語りながらも、「大神のキャラクターは、映画ではもう少し分かりやすく、チャラく表現してみたいなと思っています。

恋愛に疎くて…ってところは、しっかり見せられたらいいなぁと。僕、大神のそういうところがとても好きなんです(笑)」と、慣れない“チャラキャラ”役に挑戦する意気込みを語った。

漫画好きの高杉は、もちろん原作を読んでおり「『人生やり直してみませんか?』って言われてみたいなぁって思いました(笑)。やり直すって言うと違うんですが、僕ももう一度学生に戻って、ちょっと違う人生というのも経験してみたいです。何だったら幼稚園生に戻りたいですね(笑)」と、おちゃめな“リライフ”願望を告白。

また、原作キャラクターのビジュアルに近づけるための役作りに関しては「ファンの方も多い作品ですし、漫画なのでやはりキャラクターのイメージってありますよね。それを何とか再現できたらいいなぁと思って、髪を明るく染め、ピアスも着けています。微妙な色合いの茶髪を作るため、染めるのに4時間くらいかかりました」と、裏話を披露した。

本作のメガホンを取るのは「今日、恋をはじめます」('12年)の古澤健監督。古澤と初タッグとなる高杉は「古澤監督は、近くで僕らのことを見てくださって、一緒に挑戦もしてくださるんです。なので、監督にお話をお聞きしやすいと言いますか…それによって現場でもいろいろ変わっていく気がします」と、撮影を楽しんでいる様子。

「大神くんを自分らしく作って、愛嬌(あいきょう)のある少し残念な、皆さんに好かれるキャラクターにできたらと思っています。頑張りますので、ぜひよろしくお願いいたします!」と、力強くメッセージを送った。