ガル・ガドット

写真拡大

日本では2017年夏に公開される、期待のアメコミ実写映画『ワンダーウーマン』で主演を務めるガル・ガドットが、第二子を妊娠していることを報告した。米E!Onlineが報じている。

6日(日)にInstagramを更新したガルは、夫のヤロン・ヴェルサノさんとともに自分のお腹に手を当てている写真を投稿し、「このワンダー(驚き)をみんなと共有できること、本当に嬉しく思っているわ #mommyforthesecondtime(2度目の妊娠)」と二人目の妊娠を公表した。ガルは、2008年にヤロンさんと結婚し、2011年には第一子となるアルマちゃんが誕生している。

今年3月にエレン・デジェネレスの人気トーク番組『エレンの部屋』に出演した際には、アルマちゃんがプリンセスよりもプリンスに関心があることを語り、「その理由は"プリンセスたちはいつも眠ってしまって、それを起こしてくれるのはプリンスだけなの。プリンセスたちは何もしないのよ"って、説明していたわ」と、娘とのほっこりするエピソードを明かしていた。また、そんな娘のお手本になるような強い女性(ワンダーウーマン)を演じることができ、本当によかったと語り、母親としての一面を垣間見せていた。

また、過去のEntertainment Weeklyのインタビューでも、娘に女性のスーパーヒーローを見せられるということが気持ちを高めてくれたと明かしており、「ほとんどの映画ではその役は男性のもので、最もパワフルな役を演じていたわ。みんなにはいつだってスーパーマンやバットマンがいたのに、そこにワンダーウーマンは並んでいなかったのよ」と、この映画を女性ヒーローのきっかけにしたいと語っていた。(海外ドラマNAVI)