8日、捜狐体育は、「サッカー中国代表は日本と韓国には勝てないが、ある点では日韓を大きく引き離している」と題する記事を掲載した。写真は中国代表。

写真拡大

2016年11月8日、捜狐体育は、「サッカー中国代表は日本と韓国には勝てないが、ある点では日韓を大きく引き離している」と題する記事を掲載した。

中国ではサッカーが人気のスポーツである一方、中国代表の実力はそれに反してなかなか上がらない。アジアのトップといえば、日本、韓国、イラン、オーストラリアであることは、中国人もよく認識している。最新のFIFAランクでも、イランが27位、オーストラリアが40位、韓国が44位、日本が51位なのに対して、中国は84位となっている。

記事は、「中国はアジアのトップレベルとはまだ大きな実力差がある」とし、その原因についてサッカーにおける環境や青少年の育成システム、サッカーの発展に取り組む姿勢に問題があるとしている。一方で、そのレベルに似つかわしくないことに、中国の国内リーグはアジアで最も金を集めるリーグになっていると記事は指摘する。

中国スーパーリーグの放映権料は2016年からの5年間で80億元(約1200億円)に上る。今シーズンのリーグの収入は15億元(約230億円)に達しており、サッカー協会はこのうち1割を手にする。「これほど高額な収入は、日本のJリーグや韓国のKリーグとは比べ物にならない」という。また、日韓のリーグは予算もボトルネックになり削減を強いられているが、中国は欧州5大リーグに迫るほどになっているとも指摘する。

中国スーパーリーグには毎年、世界的なスタープレーヤーを見ることができ、クラブは選手獲得に平均で1億元(約15億円)を投じる。記事は、活況を呈する中国リーグの現状を踏まえ、サッカー協会に対して「こうして得た資金を基に育成システムや環境整備を進め、中国サッカーを発展させてほしい」と訴えている。(翻訳・編集/北田)