8日、毎日経済新聞が中国の地域別富裕層数に関する記事を掲載した。フーゲワーフ研究院の報告書によると、中国の富裕層(投資可能資産1000万元超)は2016年5月時点で134万人に達した。前年比13万人増。中国人の1000人に1人が富裕層という計算になる。

写真拡大

2016年11月8日、中国メディア・毎日経済新聞が中国の地域別富裕層数に関する記事を掲載した。

富裕層に関する統計で知られるフーゲワーフ研究院は先日、新たな調査報告書を発表した。同報告書によると、中国の富裕層(投資可能資産1000万元=約1億5400万円超)は2016年5月時点で134万人に達した。前年比13万人増だ。中国人の1000人に1人が富裕層という計算になる。超富裕層(投資可能資産1億元=約15億4000万円超)は8万9000人で前年比1万1000人増となった。

地域別で見ると、富裕層の数が一番多いのは広東省の24万人。ただし人口が多いため、富裕層密度では最多ではない。人口当たりの富裕層が一番多いのは北京市でなんと100人に一人が投資可能資産1000万元超を保有しているという。(翻訳・編集/増田聡太郎)