写真提供:マイナビニュース

写真拡大

信興テクノミストは11月9日、SCSoftと認定販売代理店およびテクニカルパートナー契約を締結し、仮想デスクトップ製品「StarCloud Software」を開始した。

StarCloud Softwareは、アーキテクチャSVN(Secure Virtual Network)と暗号化プロトコルXDPによって高パフォーマンスな環境を実現する仮想デスクトップ(VDI)製品。

従来のVDI環境とは異なり、認証サーバと仮想デスクトッププラットフォームを分散することで、今までクライアントPCからアクセスするために公開していた仮想デスクトッププラットフォームの情報をネットワーク上に開示する必要が無くなった。これによりセキュリティを確保するために必要であった、VPN接続やクライアントPCの環境整備などの手間とコスト削減にもつながるという。

新開発の高圧縮率プロトコルXDPを使用することで、特殊なハードウェアや追加ライセンス不要で、高い描画パフォーマンスを利用できる。そのため、低帯域のネットワーク下においても、従来のVDIで生じていた「画面描画が遅い」といった不満が解消できるとしている。

また、StarCloud Softwareでは、構成情報を管理するためのサーバや、データベース、高速な大容量ストレージ、SANを標準構成で提供しているため、本体以外に追加費用は不要。提供価格は個別見積もりとなる。

(山本明日美)